平成22年台風第2号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第2号(Conson、コンソン、崑山)
カテゴリー1の タイフーンSSHWS
ルソン島に接近する台風第2号
ルソン島に接近する台風第2号
発生期間 2010年7月12日 9:00~
7月18日 9:00
寿命 6日0時間
最低気圧 970hPa
最大風速
(日気象庁解析)
35m/s(70kt)
最大風速
米海軍解析)
75kt
被害総額 -
死傷者数 死者55名、行方不明者85名
被害地域 フィリピン中国
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

平成22年台風第2号(へいせい22ねんたいふうだい2ごう、アジア名:コンソン、崑山〔Conson、命名国:ベトナム、意味:歴史的な観光地の名前〕)は、2010年7月12日9時に発生し、7月18日9時に消滅した台風フィリピンルソン島中国海南島に被害を与えた。

概要[編集]

2010年に発生した2個目の台風。発生時期は7月中旬と平年より大幅に遅れている。

7月12日9時、フィリピンの東海上にあった熱帯低気圧が台風になった。気象庁の予報ではこの後西北西に進んでフィリピンのルソン島北部に上陸するはずだった[1]が、太平洋高気圧の張り出しが強まったためほぼ真西に進み、7月13日18時に中心気圧980hPa、最大風速30メートルでルソン島中部に上陸、死者23名、行方不明者77名の被害を与えて7月14日0時に南シナ海へ抜けた。

台風は発達しながら南シナ海を北西に進み、7月16日から17日にかけて中国の海南島に強い勢力で接近し被害を与えた。その後はトンキン湾を北上し、7月17日15時に中心気圧985hPa、最大風速25メートルでベトナム北部に上陸、7月18日9時に熱帯低気圧に変わった。

進路の経過[編集]

  • 7月12日 9時 - フィリピンの東海上で発生。
  • 7月13日 18時 - フィリピンのルソン島中部に上陸。死者23名、行方不明者77名。
  • 7月14日 0時 - 南シナ海へ抜ける。
  • 7月15日 15時 - 南シナ海で強い勢力になる。
  • 7月16日~17日 - 強い勢力で中国の海南島に接近。被害を与える。
  • 7月17日 15時 - ベトナム北部に上陸。
  • 7月18日 9時 - ベトナムで熱帯低気圧に変わる。

被害[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]