平成10年台風第4号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第4号(Rex、レックス)
カテゴリー4の タイフーンSSHWS
台風第4号
台風第4号
発生期間 1998年8月25日 9:00
9月7日 9:00
寿命 13日
最低気圧 955 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
40 m/s (75 knot)
最大風速
米海軍解析)
115 knot
被害総額
死傷者数 死者22名、行方不明者2名
被害地域 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

平成10年台風第4号(へいせい10ねんたいふうだい4ごう、国際名:Rex)は、1998年(平成10年)8月25日に発生し、日本に接近した台風である。日本列島には上陸はしなかったが、前線を刺激して各地に大雨の被害を出した。

概要[編集]

進路図

8月25日に沖縄近海で発生した台風4号は発達しながら日本の南海上を東進し、28日ごろからは向きを北寄りに変え、小笠原諸島に接近した。本州付近に停滞していた前線に向かって、台風からの湿った気流が流れ込んだため積乱雲が発達し、東日本および中日本の一部では豪雨となった。小笠原近海で台風の速度が遅くなったため、湿った気流の供給は長時間続くこととなり、大雨が長引くことになった。この大雨は8月31日ごろまで続き、9月1日以降は次第に日本列島から弱まりながら遠ざかり9月7日に温帯低気圧に変わった。

この台風は、台風4号としては統計史上最も遅い日時に発生した[1]

影響[編集]

26日から31日にかけて、前線が本州付近に停滞していた。一方、台風4号が日本の南海上をゆっくり北上した。この間、日本の東の高気圧と台風の影響で、前線に向かって暖湿気流が流入したため、北日本から東日本にかけて断続的に大雨が降った[2]。 特に26日夜から27日朝にかけて、栃木県福島県境付近を中心に豪雨となり、那須(栃木県那須町)で27日の日降水量607mm(期間降水量1,254mm)を観測するなど記録的な大雨となった。栃木県と福島県を中心に、広い範囲で土砂崩れや浸水による被害があった[2]

被害[編集]

  • 死者22人
  • 行方不明者2人

記録[編集]

  • 8月27日の降雨量607mm(栃木県那須町
  • 福島県・栃木県・静岡県では記録的な大雨となり、特に栃木県では余笹川やその支流が氾濫を起こし死傷者を出すなど、北部を中心に被害が集中した。8月26日〜31日にかけての期間総雨量が那須町で1254mmなど、年間降水量の3分の2に匹敵する雨量を観測した地域もあった。この一連の豪雨災害を、栃木県では那須豪雨と称することがある。さらに関東地方を中心に、1時間降水量が100mm近くとなる短時間強雨が観測され、浸水などの被害が多発した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デジタル台風:台風リスト”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年7月6日閲覧。
  2. ^ a b 前線、台風第4号 平成10年(1998年) 8月26日~8月31日”. www.data.jma.go.jp. 2020年6月13日閲覧。