平成24年台風第24号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台風第24号(Bopha,ボーファ)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHS
Bopha250m Dec 6 2012 0.300(UTC).jpg
発生期間 2012年11月27日 - 12月9日
最低気圧 930hPa
最大風速
(日気象庁解析)
50m/s(100kt)
最大風速
米海軍解析)
150kt
死傷者数 475
被害地域 パラオ・フィリピン
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示
24号の経路

平成24年台風第24号(へいせい24ねんたいふうだい24ごう)は2012年11月27日に発生した台風。アジア名のボーファカンボジアで花を意味する語[1]フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)によるフィリピン名はPablo

概要[編集]

11月23日にカロリン諸島ポンペイ島の南方の海上で形成が始まった。11月25日にはポンペイ島の南南西410キロ付近で熱帯低気圧となり、11月27日にマーシャル諸島の北緯4度付近で台風となった[1]。西進した台風は12月3日にパラオの南方を通過[1]、12月4日にフィリピンミンダナオ島東岸に上陸したのち[2]、島を横断して南シナ海へと抜けた。南シナ海で停滞していた台風は8日ごろからルソン島に接近していたが[3]、9日に熱帯低気圧となった。熱帯低気圧はルソン島に再接近した後10日に消滅した。

影響[編集]

ISSから撮影された台風24号(12月2日)

パラオ[編集]

12月1日にパラオ国家危機管理局(NEMO)が公共施設に避難所を設置するなどしたが[4]、進路がずれたことから大きな被害は免れた[1]

フィリピン[編集]

ミンダナオ島を中心に全土で暴風雨による倒木や飛来物・洪水・土石流などが発生。6日までに確認された死者はミンダナオ島東岸で258名、南部のバターン州コンポステラ・バレー州で191名など計475名、行方不明者は少なくとも377名とされ、全国で約18万人が公共施設などに避難した[5]。台風による洪水などで25万人以上が家を失い[6]、9日までに確認された死者は540名、フィリピン全土での被災者数は540万人に達した[7]。フィリピン政府は国家災害(日本の激甚災害に相当)に指定した。台風直後のミンダナオ島では10日にM5.8の地震も発生した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 2012年台風24号(ボーファ|BOPHA)”. デジタル台風. 2012年12月6日閲覧。
  2. ^ 台風24号がフィリピン南部を直撃、115人死亡”. AFPBB NEWS (2012年12月5日). 2012年12月6日閲覧。
  3. ^ フィリピン 台風再接近で警戒”. 日本放送協会 (2012年12月9日). 2012年12月9日閲覧。
  4. ^ 台風情報(その3:台風24号の接近)”. 在パラオ日本国大使館 (2012年12月1日). 2012年12月6日閲覧。
  5. ^ フィリピン台風被害、死者470人超す”. AFPBB NEWS (2012年12月6日). 2012年12月6日閲覧。
  6. ^ 台風の死者400人超、25万人が家を失う フィリピン”. CNN.co.jp (2012年12月7日). 2012年12月9日閲覧。
  7. ^ 比、台風の被災者540万人に 死者540人超”. 河北新報 (2012年12月9日). 2012年12月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]