平成18年台風第4号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第4号(Bilis)
トロピカル・ストームSSHWS
衛星画像(7月12日)
衛星画像(7月12日)
発生期間 2006年7月9日6時 - 7月15日6時(UTC)
寿命 6日間
最低気圧 970 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
60 knot
被害総額 44億ドル(2006 USD)
死傷者数 死者859人
被害地域 中華人民共和国の旗 中国中華民国の旗 台湾 など
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

平成18年台風第4号(へいせい18ねんたいふうだい4ごう、アジア名:Bilis)は、2006年7月に発生し、中国などに大きな被害をもたらした台風である。

概要[編集]

進路図

2006年7月9日、フィリピンの東で台風4号が発生し、アジア名「ビリス(Bilis)」と命名された[1]。命名国はフィリピンで、「スピード」を意味する[1]。また、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はこの台風について、フィリピン名「フロリタ(Florita)」と命名している。台風はその後北西寄りに進み続け、先島諸島台湾に接近した後[2]、14日に中国の福建省霞浦県に上陸して江西省へと進み、15日に熱帯低気圧に変わった[1][3][4]

影響・被害[編集]

台風の影響で中国では612人が死亡したほか、フィリピンでも28人が死亡するなどし、合計で800人以上が犠牲となった。中国では、被災者29,623,000人、倒壊家屋約263,000棟に達した[5]

12日には、台風が北上して八重山諸島の南海上で北緯20度を越えたため、本州の広い範囲で南寄りのうねりが生じた[4]秋田県では11日、この台風によって南から暖かい大気が吹き込んでフェーン現象気味となったため、由利本荘市東由利で32.8度、仙北市角館で32.4度、五城目町で32.0度、秋田市で31.6度などとなり、各地で気温が上がった[6]

その他[編集]

この台風のアジア名である「ビリス(Bilis)」は、この台風限りで使用中止となり、次順からは「マリクシ(Maliksi)」というアジア名が使用されることになった。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c デジタル台風:2006年台風4号(ビリス|BILIS)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年5月27日閲覧。
  2. ^ 台風4号 あす暴風域のおそれ 八重山直撃コースで接近” (日本語). 八重山毎日新聞社. 2020年5月27日閲覧。
  3. ^ 3台風が1週間以内に中国上陸 17年ぶり--人民網日本語版--人民日報”. j.people.com.cn. 2020年5月27日閲覧。
  4. ^ a b 勇ましく、美しい 台風12号 "イオケ" の波”. 2020年5月27日閲覧。
  5. ^ Asian Disaster Reduction Center(ADRC)”. www.adrc.asia. 2020年7月23日閲覧。
  6. ^ 午前中から気温ぐんぐん上昇/県内今夏一番の暑さ”. web.archive.org. 秋田魁新報社 (2006年7月14日). 2020年5月27日閲覧。