平成24年台風第17号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第17号(Jelawat、ジェラワット)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
Jelawat 18w Sep 25 2012.jpg
発生期間 2012年9月21日 - 10月1日
最低気圧 905hPa
最大風速
(日気象庁解析)
55m/s(110kt)
最大風速
米海軍解析)
140kt
被害地域 フィリピンの旗 フィリピン
 台湾
日本の旗 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示
進路図

平成24年台風第17号(へいせい24ねんたいふうだい17ごう)は2012年9月21日に発生した台風。アジア名のジェラワットマレーシアの淡水魚から付けられている。

概要[編集]

9月17日にグアムの東側で形成が始まり、21日3時にフィリピン東方の北緯13度30分、東経131度40分のフィリピン海熱帯低気圧から台風になった[1]。当初は南西に進んだのちに停滞する動きを見せたが[2]、台風となってからは急速に発達。その後、北に向かって進路を変えた[2]

24日21時には中心気圧が910hPaまで低下[3]、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速75メートルの大型で猛烈な台風となってフィリピンの東をゆっくりと北上[3]、25日6時には中心気圧905hPa、中心付近の最大風速55メートル、最大瞬間風速80メートルまで成長した[4]

台風は28日に中心気圧920hPa、中心付近の最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートルの勢力を保ったまま先島諸島に接近し[5]石垣島では午後4時49分に最大瞬間風速50.6メートルを観測した[2][6]。台風は進路を北東寄りに変えて29日には沖縄本島を通過、那覇市で午後1時23分に最大瞬間風速61.2メートルを観測するなど猛威を奮い[7]、30日には速度を早めながら本州の南の太平洋上を北東に進んで和歌山県潮岬三重県志摩半島をかすめた後、午後7時頃に愛知県東部へ上陸した[8][9]。上陸時の勢力は中心の気圧975hPa、中心付近の最大風速35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、時速50km[9]

その後、さらに速度を早めた台風は午後9時に山梨県南アルプス市近郊[10]、10月1日午前0時には福島県南会津町に達し[11]、午前5時頃には岩手県宮古市の東の海上へ抜けた[12]

台風は北海道の東岸を北東へ進み、1日午後9時に千島列島の東の北緯46度、東経155度で温帯低気圧となった[13][14]

進路、状態の経過[編集]

  • 9月21日3時 - フィリピンの東で台風17号に変わる[15]
  • 9月25日9時 - 中心気圧905hPaを記録[16]
  • 9月29日 - 南西諸島を暴風域に巻き込む
  • 9月30日19時頃 - 愛知県東部に上陸。
  • 9月30日 - 関東地方北部を足早に通過し、東北地方を縦断
  • 10月1日朝 - 三陸沖に達した

気象状況[編集]

大雨[編集]

東海地方や関東甲信地方を中心に激しい雨が降り、特に、三重県では日最大1時間降水量が70ミリを超え、日最大3時間降水量でも150ミリを超える雨を観測するなど9月としての極値を更新した地点があった[15]

1時間雨量
三重県亀山市(亀山):79.0ミリ(9月30日17時18分まで)[15]
三重県四日市市(四日市(特)):76.0ミリ(9月30日17時37分まで)[15]

暴風[編集]

東海地方や関東地方の沿岸部、伊豆諸島を中心に風速20m/s以上の非常に強い風が吹き、日最大風速は、愛知県常滑市セントレアで25.3m/s 、東京都三宅村坪田で25.1m/sを観測した[15]

最大瞬間風速
愛知県常滑市(セントレア):34.5m/s(9/30日16時47分)[15]
三重県尾鷲市(尾鷲):30.4m/s(9/30日14時33分)[16]
最大風速
東京都三宅村(三宅坪田):25.1m/s(9/30日17時36分)[15]
三重県尾鷲市(尾鷲):17.2m/s(9/30日15時10分)[16]

被害[編集]

10月22日現在、死者は三重県で1名、負傷者は重傷者19名、軽傷者161名。北海道から沖縄県までの広範囲で強風や豪雨による住宅への被害が相次ぎ、鹿児島県を中心に全壊48棟、半壊161棟、一部破損1,596棟、床上・床下浸水合わせて946棟[17]

影響[編集]

9月27日、南西諸島付近の台風17号

台風の接近に伴い、石垣島や宮古島と離島を結ぶ船便のほとんどが欠航したほか、公共施設の閉鎖が相次ぎ、道路の冠水も見られた[18]沖縄電力管内では29日午後、全供給世帯約58万戸の過半数を越える33万4400戸(36市町村)が停電した[19]。台風がもっとも近づいた29日には沖縄県内各地で強風にあおられて転倒負傷する人が多数出たほか[20]、那覇市内でトラックや乗用車の横転事故が相次いだ[21][22]。また、名護市などで4200世帯に避難勧告が出された[22]九州電力管内では30日午前7時の時点で鹿児島県奄美地方の13市町村で約62,300戸が停電した[23]。さらに愛知県豊橋市田原市静岡県でも約17万件が停電したと報じられた。関東地方の水不足は、台風による雨により、ダムの貯水率は取水制限が解除となるまで回復した。

航空[編集]

30日には台風の接近により日本航空142便、全日空304便など500便以上が欠航した[24]。機材繰りのため、10月1日の便でも欠航や遅延が出る見通し[25]

鉄道[編集]

30日にはJR・私鉄の各路線で運転本数を減らしたり運休する列車が相次いだ[24][26]

東海道新幹線では速度を落としたことによる遅延や強風による運転見合わせが発生した[27][28]。また、東北・山形・秋田・上越・長野の各新幹線でも一部運休となった[26]

在来線でも北陸本線を運行するサンダーバードしらさぎ[29]高山本線ワイドビューひだ中央本線しなのあずさなど特急列車が運休したほか[28][30]、運行見合わせなどが発生した[31]

スポーツ[編集]

台風が本州に接近した9月30日に開催する予定だった以下のスポーツに影響が生じた。

音楽[編集]

  • この台風の影響により9月30日に長居陸上競技場で開催予定だった関ジャニ∞のコンサート「KANJANI∞ LIVE TOUR!! 8EST 〜みんなの想いはどうなんだい?僕らの想いは無限大!!〜」が中止となった。尚、前日の9月29日のコンサートは無事に開催した。

テレビ放送[編集]

  • 日本放送協会(NHK)は30日の午前11時以降、随時台風関連ニュースを放送した。東北地方ではを除いて、10時半から翌0時まで全国放送の番組を休止し、台風ニュースを放送し、全国共通で0時から終夜台風関連ニュースを放送した。ただし、大河ドラマ平清盛」については通常通り放送した。

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年 台風第17号に関する情報”. 気象庁 (2012年9月21日). 2012年9月26日閲覧。
  2. ^ a b c 台風201217号 (JELAWAT)”. デジタル台風. 2012年9月26日閲覧。
  3. ^ a b 台風17号、沖縄・先島諸島接近へ=18号も日本南で発生―気象庁”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (2012年9月25日). 2012年9月26日閲覧。
  4. ^ 台風17号:先島27日接近も 18号も発生”. 沖縄タイムス (2011年9月25日). 2012年9月26日閲覧。
  5. ^ 台風17号、先島諸島暴風域=沖縄から西・東日本へ―気象庁”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (2012年9月28日). 2012年9月29日閲覧。
  6. ^ 台風17号:石垣で風速50. 6メートル”. 沖縄タイムス (2012年9月29日). 2012年9月29日閲覧。
  7. ^ 台風17号:那覇で61・2メートル”. 沖縄タイムス (2012年9月29日). 2012年9月29日閲覧。
  8. ^ 平成24年 台風第17号に関する情報 第83号”. 気象庁 (2012年9月30日). 2012年9月30日閲覧。
  9. ^ a b 平成24年 台風第17号に関する情報 第84号 (位置)”. 気象庁 (2012年9月30日). 2012年10月1日閲覧。
  10. ^ 平成24年 台風第17号に関する情報 第87号 (位置)”. 気象庁 (2012年9月30日). 2012年10月1日閲覧。
  11. ^ 平成24年 台風第17号に関する情報 第91号 (位置)”. 気象庁 (2012年10月1日). 2012年10月1日閲覧。
  12. ^ 平成24年 台風第17号に関する情報 第98号 (位置)”. 気象庁 (2012年10月1日). 2012年10月1日閲覧。
  13. ^ 平成24年 台風第17号に関する情報 第111号 (位置)”. 気象庁 (2012年10月1日). 2012年10月2日閲覧。
  14. ^ 台風17号 (ジェラワット・JELAWAT)”. 日本気象協会 (2012年10月1日). 2012年10月2日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g 平成24年台風第17号に関する気象速報”. 東京管区気象台 (2012年10月2日). 2016年9月19日閲覧。
  16. ^ a b c 平成24年台風第17号に関する三重県気象速報”. 津地方気象台 (2012年10月2日). 2016年9月19日閲覧。
  17. ^ 平成24年台風第17号による被害状況等について (PDF)”. 内閣府 (2012年10月22日). 2014年9月13日閲覧。
  18. ^ 台風17号:先島直撃 激しい風雨”. 沖縄タイムス (2012年9月29日). 2012年9月29日閲覧。
  19. ^ 台風17号:過半数の33万4400戸で停電”. 沖縄タイムス (2012年9月29日). 2012年9月29日閲覧。
  20. ^ 台風17号:強風でトラック横転 けが人も…沖縄”. 毎日jp (2012年9月29日). 2012年9月29日閲覧。
  21. ^ 台風17号:那覇でトラック横転”. 沖縄タイムス (2012年9月29日). 2012年9月29日閲覧。
  22. ^ a b 台風17号:北部で4200世帯に避難勧告”. 沖縄タイムス (2012年9月29日). 2012年9月29日閲覧。
  23. ^ 九州電力停電情報(鹿児島県内) 9月30日7時現在”. 鹿児島テレビ (2012年9月30日). 2012年9月30日閲覧。
  24. ^ a b 台風17号:500便以上欠航、新幹線・鉄道も軒並み運休”. 毎日jp (2012年10月1日). 2012年10月1日閲覧。
  25. ^ 航空各社、1日も台風17号の影響残る 午前の羽田国際線も”. Aviation Wire (2012年9月30日). 2012年10月1日閲覧。
  26. ^ a b 首都圏 列車の運休など相次ぐ”. NHK (2012年9月30日). 2012年10月1日閲覧。
  27. ^ 列車運行情報”. JR西日本 (2012年9月30日). 2012年9月30日閲覧。
  28. ^ a b 台風17号、東海地方に上陸へ 警戒呼びかけ”. 中日新聞 (2012年9月30日). 2012年9月30日閲覧。
  29. ^ 台風17号、列車や空の便に乱れ 東海道新幹線も一時運転見合わせ”. 福井新聞 (2012年9月30日). 2012年9月30日閲覧。
  30. ^ 台風接近、交通乱れる”. YOMIURI ONLINE (2012年10月1日). 2012年10月1日閲覧。
  31. ^ 台風17号:近畿の交通網も大きく乱れ”. 毎日jp (2012年9月30日). 2012年10月1日閲覧。
  32. ^ 【緊急】本日の阪神競馬開催は中止となりました(9月30日(日)) JRA公式サイト 2012年9月30日閲覧
  33. ^ コカ・コーラ東海クラシック最終日は台風接近のため“無観客試合”に ゴルフダイジェスト・オンライン 2012年9月30日閲覧

関連項目[編集]