昭和31年台風第12号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第12号(Emma / エマ)
カテゴリー4の スーパー・タイフーンSSHWS
台風第12号(1956年9月3日)
台風第12号(1956年9月3日)
発生期間 1956年9月3日 9:00
9月11日 9:00
寿命 8日0時間
最低気圧 930 hPa
最大風速
米海軍解析)
135 knot
死傷者数 死者39人・負傷者251人・行方不明者2人
被害地域 日本韓国ソビエト連邦
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示
進路図

昭和31年台風第12号(しょうわ31ねんたいふうだい12ごう、国際名:エマ/Emma)は、 1956年(昭和31年)9月3日に発生した台風である。エマ台風とも呼ばれる[1]

概要[編集]

9月8日沖縄気象台(那覇市)は、当時の最大瞬間風速第1位となる73.6mを観測した[2]。同日、最低中心気圧930ヘクトパスカルを記録[3]沖縄地方では、戦後最大といわれる大きな被害を出した。屋久島では517.9mm、名瀬市などで200mm以上の雨量を記録した[4]日本海を通過した際には北陸地方フェーン現象をもたらし、魚津大火の原因となった[5]


最大瞬間風速
順位 名称 国際名 最大
瞬間
風速
(m/s)
風向 観測年月日 観測地点
1 第2宮古島台風
(昭和41年台風第18号)
Cora 85.3 北東 1966年昭和41年)9月5日 宮古島
沖縄・気象官署)
2 第2室戸台風
(昭和36年台風第18号)
Nancy 84.5 西南西 1961年(昭和36年)9月16日 室戸岬
高知・気象官署)
3 平成27年台風第21号 Dujuan 81.1 南東 2015年(平成27年)9月28日 与那国島
沖縄・気象官署)
4 第3宮古島台風
(昭和43年台風第16号)
Della 79.8 北東 1968年(昭和43年)9月22日 宮古島
(沖縄・気象官署)
5 昭和45年台風第9号 Wilda 78.9 東南東 1970年(昭和45年)8月13日 名瀬
鹿児島・気象官署)
6 昭和40年台風第23号 Shirley 77.1 西南西 1965年(昭和40年)9月10日 室戸岬
(高知・気象官署)
7 枕崎台風
(昭和20年台風第16号)
Ida 75.5 南南東 1945年(昭和20年)9月17日 細島
宮崎・燈台)
8 平成15年台風第14号 Maemi 74.1 2003年平成15年)9月11日 宮古島
(沖縄・気象官署)
9 昭和31年台風第12号 Emma 73.6 1956年(昭和31年)9月8日 那覇
(沖縄・気象官署)
10 昭和39年台風第20号 Wilda > 72.3 西 1964年(昭和39年)9月25日 宇和島
愛媛・気象官署)

経過[編集]

被害[編集]

  • 死者39人、負傷者251人、行方不明者2人、全壊家屋5318戸、浸水家屋4800戸、田畑埋没・流失約4.5ヘクタール、田畑冠水約14.1ヘクタール、道路橋梁堤防の流出・損壊336か所[4]。別の統計では、死者・行方不明者36人、負傷者188人、住宅全壊2957棟、住宅半壊7942棟[8]
  • 長崎港有明海高潮が発生[8]。有明海の干拓地塩害が出て、佐賀県長崎県水稲が壊滅的な打撃を受けた[4]
  • 9月10日午前7時30分、大雨の静岡市で、最大瞬間風速40mの竜巻が発生。死者20人、重軽傷者44人、全半壊家屋78戸、破損家屋294戸、電柱損壊21か所、家屋の被害額1億円[4]。竜巻は本庄町豊川市でも生じた[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 沖縄県における強風の再現期待値について”. 琉球大学工学部. 2020年4月9日閲覧。
  2. ^ 平成24年台風第15号について~大型で非常に強い台風が、沖縄本島地方に向かって進んでいます~(PDF) 、沖縄気象台、平成24年8月25日
  3. ^ デジタル台風:台風195612号 (EMMA) - 総合情報(気圧・経路図)
  4. ^ a b c d 『昭和災害史年表事典②昭和21年~昭和35年』日外アソシエーツ、1992年、p.178
  5. ^ 魚津大火”. 中日映画社. 2020年5月17日閲覧。
  6. ^ The U.S. Army Center of Military Historyによる進路図
  7. ^ Unisys (2006)EMMA Best track --2012年8月26日閲覧
  8. ^ a b c 損害保険料率算出機構 強風災害の発生と被害に関する統計(PDF) RISK No.-59 (2001.03) p.20

関連項目[編集]

外部リンク[編集]