キティ台風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
台風第10号(Kitty、キティ)
カテゴリー3の タイフーン  (SSHS)
発生期間 1949年8月27日9月5日
寿命 約9日
最低気圧 956hPa
最大風速
(気象庁解析)
最大風速
(米海軍解析)
110knot
被害総額
死傷者数 死者135名、行方不明者25名、負傷者479名
被害地域 日本

キティ台風(-たいふう、昭和24年台風第10号、国際名:キティ〔Kitty〕)は、1949年8月31日に関東地方に上陸し、関東地方に大きな影響を与えた台風

概要[編集]

進路図

被害状況[編集]

  • 死者135名、行方不明者25名、負傷者479名
  • 住家の全・半壊・流出17,203戸
  • 住家の床上・床下浸水144,060戸
  • 耕地被害48,598ha
  • 船舶被害2,907隻

首都圏を暴風域に巻き込み関東北部や新潟県の山岳部で大雨となったことから、群馬県勢多郡東村では大規模な土砂崩れで32人が死亡し、信濃川渡良瀬川の上流部では堤防が決壊・土浦城西櫓も被害を受け解体に追い込まれた。

また台風の通過が満潮時と重なったことから東京湾などで高潮となり、東京ではA.P.+3.15mを記録し江東区江戸川区などゼロメートル地帯が浸水被害に遭った。横浜港では停泊中の船舶90隻のうち26隻が沈没し、行徳塩田もこの台風による浸水で製塩業の廃業に追い込まれている。

台風を取り上げた文学作品[編集]

  • 里見弴「キティ台風」『小説新潮』1949年11月
  • 福田恆存著『キティ颱風』(創元社、1950年)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]