平成27年台風第18号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平成27年台風第18号(Etau、アータウ)
シビア・トロピカル・ストームSSHWS
テラによる衛星画像(9月8日)
テラによる衛星画像(9月8日)
発生期間 2015年9月7日 3:00
- 9月9日 21:00
寿命 66時間
最低気圧 985hPa
最大風速
(日気象庁解析)
25m/s(50knot)
最大風速
米海軍解析)
55knot
平均速度 29.5km/時
707km/日
移動距離 1,944km
被害地域 北マリアナ諸島、日本
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示

平成27年台風第18号(へいせい27ねんたいふうだい18ごう、アジア名:Etau、命名:アメリカ合衆国、意味:嵐雲[1])は2015年平成27年)9月7日に発生した台風

台風そのものによる直接的な被害は大きくなかったが、愛知県上陸後の9月10日に温帯低気圧に変わったのち、太平洋上にあった台風17号からの湿った空気が関東地方北部から東北地方南部にかけて合流し、「平成27年9月関東・東北豪雨」と命名された豪雨災害をもたらした。

概要[編集]

台風(および温帯低気圧)の進路

9月2日、グアム島の北東で形成が始まった熱帯擾乱が北東に進みながら熱帯低気圧に成長し、7日3時(協定世界時 6日18時)、日本の南の北緯21度30分、東経139度0分で台風となって[2][3]、アジア名アータウEtau)と命名された[4]

台風は小笠原諸島から伊豆諸島の西の海上を北進して日本列島に接近[5][6]。9日朝に東海地方に接近しながら次第に進路を北西方向に変えて、10時過ぎに愛知県知多半島に上陸[7]、同日14時に日本海に達したのち[8][9]、同日21時に北緯38度、東経135度で温帯低気圧に変わった[3]

影響[編集]

日本海の18号から変わった温帯低気圧と、太平洋上の17号(9月10日)

本州南岸に停滞していた秋雨前線に、台風から暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となり[10]、台風の接近前から各地で大雨となった。前線が刺激されたことで中国地方から東北地方にかけての広い範囲で大雨となり[11]、7日0時から9日17時までのアメダス観測値によれば、9日早朝には三重県鳥羽市で75.5ミリ、志摩市阿児町で69ミリの1時間降水量を観測[12]。一方、24時間雨量ではこの時点で栃木県奥日光において325.5ミリ、栃木県土呂部で267.0ミリなどを観測[12]。期間降水量でも神奈川県箱根町(354.0ミリ)、静岡県天城山(327.0ミリ)、三重県鳥羽市(318.0ミリ)鳥取県大山(309.0ミリ)を観測した一方で、奥日光では355.0ミリを計っている[12]

9日18時の集計で負傷者は12名、住家への被害は22棟[12]。また、埼玉県から三重県にかけての1都7県で約15万人に避難勧告、約88,000人に避難指示が出されたが[12]、これらはその後の関東・東北豪雨によって大幅に拡大した。

被害[編集]

静岡県では8日から9日にかけて浜松市磐田市袋井市などで道路の冠水や土砂崩れが発生した[13][14]。9日16時までの集計では神奈川・山梨・静岡・三重の4県で17件の崖崩れが確認されている[12]

脚注[編集]

  1. ^ 台風の番号と名前”. 気象庁. 2015年9月9日閲覧。
  2. ^ 平成27年 台風第18号に関する情報”. 気象庁 (2015年9月7日). 2015年9月9日閲覧。
  3. ^ a b 台風201518号(ETAU) - 詳細経路情報”. デジタル台風. 2015年9月9日閲覧。
  4. ^ 台風18号「アータウ」発生”. 日本気象協会 (2015年9月7日). 2015年9月9日閲覧。
  5. ^ 平成27年 台風第18号に関する情報 第5号 (位置)”. 気象庁 (2015年9月8日). 2015年9月9日閲覧。
  6. ^ 平成27年 台風第18号に関する情報 第15号 (位置)”. 気象庁 (2015年9月8日). 2015年9月9日閲覧。
  7. ^ 平成27年 台風第18号に関する情報 第28号”. 気象庁 (2015年9月9日). 2015年9月9日閲覧。
  8. ^ 平成27年 台風第18号に関する情報 第34号 (位置)”. 気象庁 (2015年9月9日). 2015年9月9日閲覧。
  9. ^ 台風18号 日本海の海上に達しました”. 日本気象協会 (2015年9月9日). 2015年9月9日閲覧。
  10. ^ 一気に進んでくる台風、早めの対策を”. 日本気象協会 (2015年9月8日). 2015年9月9日閲覧。
  11. ^ 9月7日からの大雨等及び台風第18号に係る被害状況等について(第4報) (PDF)”. 総務省消防庁 (2015年9月9日). 2015年9月9日閲覧。
  12. ^ a b c d e f 台風第18号による大雨等に係る被害状況等について(9月9日19:00現在)”. 内閣府 (2015年9月9日). 2015年9月30日閲覧。
  13. ^ “<静岡県西部大雨>土砂崩れ、冠水相次ぐ 浜松、磐田、袋井”. 静岡新聞. (2015年9月8日). http://www.at-s.com/news/detail/1174231207.html 2015年9月11日閲覧。 
  14. ^ “<台風18号>冠水、渋滞 浜松ため息”. 静岡新聞. (2015年9月9日). http://www.at-s.com/news/detail/1174231545.html 2015年9月11日閲覧。 

外部リンク[編集]