阿児町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あごちょう
阿児町
横山展望台から望む阿児町中心部の街並み(2014年12月15日)
横山展望台から望む阿児町中心部の街並み
Aji Mie chapter.JPG
阿児町章
廃止日 2004年10月1日
廃止理由 新設合併
浜島町大王町志摩町阿児町磯部町志摩市
現在の自治体 志摩市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
志摩郡
団体コード 24524-1
面積 43.88km2.
総人口 23,631
(2004年8月31日)
隣接自治体 大王町、浜島町、磯部町
町の木 ヤマモモ
阿児町役場
所在地 517-0592
三重県志摩郡阿児町鵜方2371番地1
Ago town office.jpg
外部リンク 伊勢志摩国立公園 阿児町
国立国会図書館によるアーカイブ)
座標 東経136度49分52.4秒
北緯34度19分51.5秒
阿児町
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

阿児町(あごちょう)は、かつて三重県志摩郡にあった南勢地域(伊勢志摩)に含まれる。

2004年(平成16年)10月1日、志摩郡大王町浜島町磯部町志摩町と合併して志摩市が発足し、地方自治体としての阿児町は廃止された。現在は志摩市の一町名として名を残している。

伊勢志摩国立公園に含まれており、観光業や漁業真珠産業など)で知られる。

地理[編集]

東西11.25km、南北8.65kmに及ぶ[1]

地形[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

町名の由来[編集]

当初公募によって決定した名称は「志摩町」だった。しかし、同じ志摩郡の和具町など5町村が先に「志摩町」の名で合併を申請していたため、県に却下された[2]。そこで合併協議会は再度町名について検討し「阿児町」とすることにした。これは「英虞湾」から来ている。英虞湾は万葉集にも柿本人麻呂によって「阿胡の浦」と詠われた古い地名である。

人口[編集]

以下は国勢調査による[3][4]

1955年(昭和30年) 17,809人
1960年(昭和35年) 17,693人
1965年(昭和40年) 17,497人
1970年(昭和45年) 17,484人
1975年(昭和50年) 18,327人
1980年(昭和55年) 19,380人
1985年(昭和60年) 20,455人
1990年(平成2年) 20,851人
1995年(平成7年) 22,213人
2000年(平成12年) 22,995人

地域[編集]

公共施設[編集]

産業[編集]

本社を置く企業[編集]

漁業[編集]

特産品[編集]

  • 串防(あこや貝の貝柱の燻製)
  • ひっぽろ漬け(あこや貝の貝柱の粕漬け)
  • きんこ(煮サツマイモの天日干し)
  • 真珠製品
  • お茶

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

海運[編集]

志摩マリンレジャー

  • 定期船: 賢島 - 浜島・御座・和具
  • 観光船: 賢島エスパーニャクルーズ

道路[編集]

国道

  • 国道167号: 志摩市(起点 阿児町賢島) - 伊勢市
  • 国道260号: 志摩市(起点 阿児町賢島) - 紀北町(志摩市志摩町-志摩市浜島町 海上)

県道

教育[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

  • 阿児町立鵜方小学校
  • 阿児町立神明小学校
  • 阿児町立立神小学校
  • 阿児町立志島小学校
  • 阿児町立甲賀小学校
  • 阿児町立国府小学校
  • 阿児町立安乗小学校

地区[編集]

阿児町の大字
1.鵜方、2.神明、3.立神、4.志島、5.甲賀、6.国府、7.安乗

人口2006年4月現在[5]、面積は2000年3月現在[1]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

名所・旧跡[編集]

  • 志摩国分寺

レジャー施設[編集]

宿泊施設[編集]

海水浴場[編集]

観光スポット[編集]

安乗崎
  • 横山展望台(英虞湾の展望)、横山創造の森
  • 安乗崎燈台(日本の燈台50選、映画「喜びも悲しみも歳年月」の舞台)
  • 賢島大橋 (阿児町賢島「英虞湾の夕陽」、日本の夕陽百選
  • 西山慕情ヶ丘 (阿児町立神西山「英虞湾の夕陽」、日本の夕陽百選)
  • 阿児温泉

娯楽施設[編集]

  • 志摩国際劇場 - 映画館(鵜方)
  • 鵜方中央劇場 - 映画館(鵜方)
  • 安乗劇場 - 映画館(安乗)

催事・祭事[編集]

出身著名人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『新版 阿児町史』阿児町史編纂委員会 編集、阿児町 発行、2000年3月15日、3ページ。
  2. ^ 『阿児町史』阿児町役場 編集、阿児町役場 発行、1977年4月1日、20ページ。
  3. ^ 昭和30年国勢調査年令別人口”. 三重県戦略企画部統計課分析・情報班. 2020年5月4日閲覧。
  4. ^ 10 総人口(総数:国勢調査)”. 三重県戦略企画部統計課分析・情報班. 2020年5月4日閲覧。
  5. ^ 三重県志摩市の口コミネタとデータ収集 - 「まちのちから」”. 昭文社. 2011年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  6. ^ エディットハウス"岩中祥史(いわなか・よしふみ)のこと"(2012年5月14日閲覧。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]