志摩町 (三重県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しまちょう
志摩町
Goza-shirahama 01.JPG
Shima-town Mie chapter.JPG
志摩町章(1964年12月1日制定)
廃止日 2004年10月1日
廃止理由 新設合併
浜島町大王町志摩町阿児町磯部町志摩市
現在の自治体 志摩市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方東海地方
都道府県 三重県
志摩郡
団体コード 24523-2
面積 17.01km².
総人口 14,590
(2004年3月31日)
隣接自治体 大王町
町の木 ツバキ
町の花 ハマユウ
志摩町役場
所在地 517-0703
三重県志摩郡志摩町和具660番地
Shima City Shima Branch.jpg
旧志摩市役所志摩支所(元志摩町役場)
外部リンク 三重県志摩町のホームページ
国立国会図書館によるアーカイブ)
座標 東経136度48分54.6秒
北緯34度15分30.5秒
Mie Shima-town.png
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

志摩町(しまちょう)は、三重県志摩半島最南端に位置していた地方自治体。旧英虞郡、後に志摩郡

2004年10月1日に志摩郡浜島町大王町阿児町磯部町と合併し志摩市となった。

地理[編集]

  • 山 - 金毘羅山、黒森山
  • 河川 - 小法師川、江田川
  • 運河 - 深谷水道
  • 島 - 間崎島、和具大島、小島、座賀島

隣接していた自治体

歴史[編集]

沿革[編集]

町名決定の経緯[編集]

合併前の5町村内の住民に対して一般公募を行い、603点の応募の中から5候補に絞り込み、1954年7月19日に合併協議会での投票で「志摩町」に決定した[1]。しかし5町村の中心である和具町で新町名に対する反対運動が起き、2か月にわたって議論が紛糾したが、鵜方町を中心とする7町村(後の阿児町)が新町名として「志摩町」を採用しようとしたため、和具町民も新町名賛成に転じ、志摩町となった[1]

行政[編集]

歴代町長[2]

町長 任期
1 笹山竹之丞 1954年12月30日 - 1962年12月24日
2 松井太助 1962年12月25日 - 1966年11月14日
3 濱野佐太雄 1966年12月25日 - 1970年12月24日
4 山本史呂 1970年12月25日 - 1978年12月24日
5 松井秀 1978年12月25日 - 1980年6月1日
6 西川幸孝 1980年7月13日 - 1988年7月12日
7 井田久彌 1988年7月13日 - 1999年10月23日
8 大口秀和 1999年10月24日 - 2004年9月30日

経済[編集]

産業

姉妹都市・提携都市[編集]

国内

教育[編集]

交通[編集]

陸路

海路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

パールブリッジからの夕景

出身有名人[編集]

その他[編集]

  • 日本の音風景百選 - 麦崎の海女の磯笛
  • 日本の道百選 - 長田橋 長田小公園付近
  • 日本の海水浴場八十八選 - 御座白浜海水浴場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 志摩町史編纂委員会 編(2004):256ページ
  2. ^ 志摩町史編纂委員会 編(2004):262ページ
  3. ^ 伊勢志摩めぐり引用
  4. ^ 安永陽祐"志摩ノ海関 十両報告 市長訪問「豪快な相撲取りたい」"中日新聞2016年6月16日付朝刊、三重総合17ページ
  5. ^ a b 「桜がないのはかわいそう」―石原円吉翁の銅像公園に「円吉桜」植樹”. 伊勢志摩経済新聞 (2009年4月16日). 2016年8月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 志摩町史編纂委員会 編『志摩町史 改訂版』志摩町教育委員会、平成16年9月1日、1164pp.

関連項目[編集]