五島産業汽船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 五島産業汽船
GOTO SANGYO KISEN CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
857-4211
長崎県南松浦郡新上五島町有川郷字中筋578番地10
設立 1990年5月[1]
業種 海運業
法人番号 3310001006920
事業内容 海上運送業、一般旅客定期航路事業、レンタカー事業[1]
代表者 野口順治[1]
資本金 1,000万円[1]
従業員数 35名[1]
決算期 4月(年1回)[1]
外部リンク http://www.goto-sangyo.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社五島産業汽船(ごとうさんぎょうきせん)は、日本の海運会社長崎佐世保上五島を結ぶ航路を運航している。

航路[編集]

就航中の航路[編集]

高速船3往復を運航する。就航船は「びっぐあーす」「びっぐあーす2号」
フェリー2往復、高速船2往復を運航する。就航船は「フェリーありかわ」「ひまわり」
2017年5月1日より運航を開始した。高速船2往復を運航する。就航船は「ありかわ8号」
2017年7月7日より2018年3月31日まで国土交通省が実施する「船旅活性化モデル地区」の指定を受け社会実験として運航を開始。高速船1往復を運航する。就航船は「びっぐあーす」

過去の航路[編集]

廃止された関西汽船ジェットフォイルの航路を引き継ぎ、2000年から高松~大阪(天保山)間で運航を開始した。当初は、高速船「びっぐあーす」の1日2往復で就航したが、2001年3月からUSJへ航路を延長、「びっぐあーす2号」を投入して1日5往復の運航となった。しかし瀬戸大橋開通等による船舶利用客の低迷により、減便による「びっぐあーす2号」の上五島航路への転配、USJへの寄港廃止、小豆島~高松間の廃止などを経て、2006年4月27日に航路廃止となった。

船舶[編集]

就航中の船舶[編集]

  • びっぐあーす
徳島高速船「ねぷちゅーん」。1995年竣工、総トン数293トン、旅客定員300名
  • びっぐあーす2号
徳島高速船「びーなす」。1993年竣工、総トン数295トン、旅客定員300名
  • ありかわ8号
元「びっくあーすJr.」。総トン数58トン、旅客定員79名
  • フェリーありかわ
1995年12月竣工、山中造船建造(第577番船)、元・伊平屋村村営フェリー「フェリーいへや」。
498総トン、全長68.52m、型幅12.0m、型深さ7.50m、ディーゼル2基、機関出力4,000PS、航海速力18.00ノット、旅客定員252名
  • ひまわり
1992年3月30日竣工、三井造船玉野事業所建造、元・大阪市広報船「夢咲」。
187総トン、全長34.2m、型幅8m、最大速力31.0ノット、旅客定員140名

過去の船舶[編集]

  • えれがんと1号
1997年竣工、熊本ドック建造
71総トン、全長28.30m、型幅5.80m、型深さ2.20m、ディーゼル2基、機関出力3,880PS
  • えれがんと2号
1999年竣工、熊本ドック建造(第393番船)
131総トン、全長36.25m、型幅6.80m、型深さ2.80m、ディーゼル2基、機関出力5,784PS、航海速力34.0ノット、旅客定員230名
  • アルティア1号
1997年竣工、沖新船舶工業建造、元・安田産業汽船
2005年6月から10月にかけてセラヴィリゾート泉郷に用船され名古屋 - 神島 - 鳥羽航路に就航、2008年潮プランニングへ売却
  • ありかわ1号
  • ありかわ2号
  • フレッシュありかわ
1995年7月進水、限定沿海、軽合金製
19総トン、全長20.20m、型幅4.20m、型深さ1.71m、ディーゼル2基、機関出力935.56kW(連続最大)、3翼固定ピッチプロペラ2軸、旅客12名、乗組員3名[2]

事故・インシデント[編集]

  • 2010年6月9日、13時37分ごろ、佐世保港から有川港へ向かっていた「フレッシュありかわ」が西海市金頭瀬北方沖を西進中、江島北西方の魚瀬に乗り揚げた。乗客1名および船長が負傷、「フレッシュありかわ」は船底部に破口を伴う凹損、プロペラ軸およびプロペラ翼に曲損などを生じた。 「フレッシュありかわ」は自力で離礁したが、沈没の恐れがあったため、現場に留まり、来援した巡視艇および僚船、瀬渡し船、および手配したタグボートの支援を受け、19時30分ごろ鯛ノ浦漁港に入港した。事故原因は船長の居眠りであった[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 会社沿革”. 株式会社 五島産業汽船. 2015年11月16日閲覧。
  2. ^ a b 運輸安全委員会(海事専門部会) (2012-06-29) (PDF). 船舶事故等調査報告書 交通船フレッシュありかわ乗揚 (Report). 運輸安全委員会. http://www.mlit.go.jp/jtsb/ship/rep-acci/2012/MA2012-6-1_2012tk0007.pdf 2017年7月2日閲覧。. 

外部リンク[編集]