佐滝剛弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐滝 剛弘(さたき よしひろ、1960年 - )は、日本ジャーナリスト観光学者、人文地理学[1]京都光華女子大学教授[2]

経歴[編集]

1960年愛知県生まれ[1][2]東京大学教養学部教養学科で人文地理学を専攻し、卒業後、日本放送協会 (NHK) に勤め[1][2]、ディレクターとして報道番組、紀行番組などを手がけた[3]。NHK退職後、特定非営利活動法人産業観光学習館専務理事[1][2]高崎経済大学地域科学研究所特命教授を経て[1]京都光華女子大学キャリア形成学部教授となった[2]

世界遺産検定マイスターであり[3]世界遺産400件、登録有形文化財およそ1万件を訪問した経験をもち、交通や郵便制度への関心も高く、観光政策関係などを中心に多数の著作を発表している[1]

おもな著書[編集]

  • 旅する前の「世界遺産」、文春新書、2006年
  • 郵便局を訪ねて1万局、光文社新書、2007年
  • 日本のシルクロード―富岡製糸場と絹産業遺産群、中公新書ラクレ、2007年
  • 世界遺産の真実 - 過剰な期待、大いなる誤解、祥伝社新書、2009年
  • それでも、自転車に乗りますか?、祥伝社新書、2011年
  • 観光地「お宝遺産」散歩、中公新書ラクレ、2012年
  • 切手と旅する世界遺産、日本郵趣出版、2012年
  • 国史大辞典を予約した人々 - 百年の星霜を経た本の物語、勁草書房、2013年
  • 高速道路ファン手帳、中公新書ラクレ、2016年
  • 赤れんがを守った経営者たち - 富岡製糸場 世界遺産への軌跡、上毛新聞社、2016年
  • 登録有形文化財 - 保存と活用からみえる新たな地域のすがた、勁草書房、2017年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 佐滝 剛弘”. 勁草書房. 2019年5月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e 佐滝 剛弘(さたき よしひろ)”. 東洋経済新報社. 2019年5月11日閲覧。
  3. ^ a b 第1回 毎日エクステンション・プログラム 入門セミナー”. 毎日エデュケーション. 2019年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]