インタープリター (自然)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インタープリター(interpreter)は、自然と人との「仲介」となって自然解説を行う人物を指す単語。

概要[編集]

インタープリターの標準的な和訳は、通訳者や解説者であるが、現在では、前述の人を指すことも定着し初めている。インタープリターはただ自然に詳しいだけではなく、話術、突発的出来事への対応、全体構成の企画演出、参加者との一体感の創出といったことが資質として要求される。 インタープリターは、特別な講習を受けた人であるとは限らない。例えば古くから地元に住む長老が長年の経験に基づき、地元の森について様々な角度から語り、その素晴らしさを参加者に伝えるなら、それも立派なインタープリターとされる。

2005年に開催された愛・地球博では、会場内に「森の自然学校」及び「里の自然学校」が設けられ、インタープリターが常駐し、自然の大切さなどを来場者に対してインタープリテーションを行った。 この愛・地球博の自然学校で、インタープリター(IP)という名称が一般にも広く知られるようになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]