旧野首教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旧野首教会(2010年10月2日)

旧野首教会(きゅうのくびきょうかい)は、長崎県五島列島野崎島北松浦郡小値賀町)にあるキリスト教カトリック)の聖堂である。現在、野崎島は無人島となっており、教会としては使用されていないが、1989年平成元年)に長崎県指定有形文化財に指定され[1]ユネスコ世界遺産文化遺産)候補で2018年に登録審査が決まった「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を構成する「野崎島の集落」(野首集落跡)に包括される教会である[2]

教会の保護者[編集]

歴史[編集]

内部の様子(許可を得て撮影)
野首集落跡の中の旧野首教会

1800年前後の寛政の時代に、大村藩領のキリシタン五島藩の依頼により五島列島へ移住していった中で、平戸藩領だった野崎島の野首地区に移住した2家族7人がおり、この地の信仰のはじまりとなったと言われている。

明治時代になっても政府が徳川幕府禁教令を踏襲したため、野崎島の信者たちは1868年島根県隠岐島沖の竹島を目指すが失敗する。翌年には平戸に連行され弾圧を受けるが、平戸監獄服役中に信仰の自由が認められて野崎島へ戻っている[3]

それまでにも木造教会を使用していたが、野首地区に住む17世帯の信者たちが費用を工面し、1907年明治40年)に本格的な教会建築に乗り出し、翌1908年(明治41年)に野首教会が完成する。その年の10月25日に献堂式が行われた。設計・施工にあたったのは、五島をはじめ長崎県やその周辺で多くの教会建築を手がけた鉄川与助で、野首教会は彼が初めて手がけた煉瓦造りの聖堂だった。

野崎島の島民は最盛期には約650人であったが、高度経済成長期になると島民が減少し、1971年(昭和46年)に残っていた野首地区のカトリック信徒6世帯31人が島を去り、教会は無人となった。その後、教会は荒れ果てていたが、1989年(平成元年)に長崎県指定有形文化財に指定され[1]、小値賀町によって修復された。

なを、野崎島には野首地区のほかにもうひとつキリシタンの集落が、森を挟んで4キロ南の舟森(瀬戸脇)にも存在した。こちらにも瀬戸脇教会があったが、1966年(昭和41年)に、最後まで残っていた住民45人が一斉に移住したため、教会は解体された[4]

野崎島には1990年代まではわずかに住民が残っていたが、2001年以降無人島となっている。なお、教会は野首地区の廃校を利用した特定非営利活動法人おぢかアイランドツーリズム協会の野崎島自然学塾村が管理を委託されており、野崎島への渡島に際しては同協会への事前連絡が必要で、その際に教会参観の申し込みをしておけば当日施錠を解いておいてくれる。

建物概要[編集]

所在地[編集]

〒857-4709 長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷692-1

脚注[編集]

  1. ^ a b 長崎県の文化財 旧野首教会 長崎県学芸文化課
  2. ^ 旧野首教会堂と関連遺跡 長崎の教会群とキリスト教関連遺産 長崎県世界遺産登録推進室
  3. ^ 山下哲嗣「めざせ世界遺産:企画 世界遺産への旅・15 旧野首天主堂」 長崎新聞社、2007年
  4. ^ 山下哲嗣「世界遺産への道 3、小値賀の文化的景観と野崎島の旧農村集落」 長崎新聞社、2008年

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯33度11分14.3秒 東経129度7分46.8秒