カトリック中町教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カトリック中町教会
座標: 北緯32度45分6秒 東経129度52分26.6秒 / 北緯32.75167度 東経129.874056度 / 32.75167; 129.874056
所在地 長崎県長崎市中町1-13
日本の旗 日本
教派 カトリック教会
ウェブサイト http://nakamachi.sakura.ne.jp/
歴史
創設日 1889年 (1889)
テンプレートを表示

カトリック中町教会(カトリックなかまちきょうかい)は、長崎県長崎市にあるキリスト教カトリック)の教会およびその聖堂である。長崎に現存する数少ない被爆建造物のひとつであり[1]、残った塔や外壁を利用して復元された[2]

歴史[編集]

明治時代、長崎の市街地にあるカトリック教会は大浦天主堂の他になく、日本人信徒のための教会が求められており、フランス人女性からの寄付を受け大村藩蔵屋敷跡に建築された。

  • 1896年(明治29年)9月8日 - 献堂式を挙行。
  • 1945年(昭和20年)8月9日 - 長崎市への原子爆弾投下により、爆心地の2.6キロメートル南南東に位置する当教会も被災。爆風により天井の崩落など損壊し、その後発生した火災により側壁と尖塔以外が焼失した[3]
  • 1946年(昭和21年)12月 - 木造の仮聖堂が完成。
  • 1950年(昭和25年)1月 - 聖堂復元に着手。
  • 1951年(昭和26年)10月16日 - 聖堂の復元工事が完了し、山口愛次郎司教によって祝別された[4]

教会の保護者[編集]

敷地内の施設等[編集]

所在地[編集]

  • 〒850-0055 長崎県長崎市中町1-13[5]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長崎の原爆遺構を記録する会『新版 原爆遺構 長崎の記憶』海鳥社、2005年。p. 75。
  2. ^ 『長崎游学2 長崎・天草の教会と巡礼地完全ガイド』 p22 長崎文献社 ISBN 9784-888510912
  3. ^ 長崎の原爆遺構を記録する会『新版 原爆遺構 長崎の記憶』海鳥社、2005年。p. 76。
  4. ^ 『長崎游学2 長崎・天草の教会と巡礼地完全ガイド』 p134 長崎文献社 ISBN 9784-888510912
  5. ^ カトリック中央協議会出版部編「住所録」『カトリック教会ハンドブック2015』カトリック中央協議会、2014年11月10日。252頁。ISBN 978-4-87750-556-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]