有川町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ありかわちょう
有川町
廃止日 2004年8月1日
廃止理由 新設合併
若松町上五島町新魚目町有川町奈良尾町新上五島町
現在の自治体 新上五島町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
南松浦郡
団体コード 42409-9
面積 57.05km².
総人口 7,107
推計人口、2004年7月1日)
隣接自治体 若松町、上五島町、奈良尾町
町の木 ヒノキ
町の花 ハマユウ
町の鳥 キジ
有川町役場
所在地 857-4292
長崎県南松浦郡有川町有川郷720番地の1
座標 北緯32度58分57.8秒
東経129度6分57.6秒
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
有川郷中心部と有川港(左)

有川町(ありかわちょう)は長崎県南松浦郡にあった

2004年8月1日若松町上五島町新魚目町奈良尾町と合併し新上五島町となった。

地理[編集]

五島列島中通島の東部に位置する。

歴史[編集]

地名[編集]

  • 赤尾郷
  • 阿瀬津郷
  • 有川郷
  • 江ノ浜郷
  • 太田郷
  • 小河原郷
  • 神ノ浦郷(新上五島町合併後、東神ノ浦郷に)
  • 鯛ノ浦郷
  • 友住郷
  • 七目郷

教育[編集]

中学校
小学校

崎浦小学校、神之浦小学校、太田小学校は新上五島町に合併した後に閉校となっている。

観光・名所[編集]

重要文化的景観[編集]

旧町内の赤尾郷・江ノ浜郷・友住郷(頭ヶ島含む)を総括して崎浦地区と呼び、そこで見られる石積み(石垣)景観が「垣根・屋敷林などの居住に関する景観地」であるとし、「新上五島町崎浦の五島石集落景観」の名称で文化財保護法重要文化的景観に選定されている。[1]
この石積み文化は「長崎市外海の石積集落景観」として重要文化的景観に選定されている西彼杵半島の旧外海町から移住してきた隠れキリシタンによってもたらされたとされる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新上五島町崎浦の五島石集落景観 - 文化遺産オンライン(文化庁