カール・ムンチンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カール・ムンチンガー(Carl Munzinger, 1864年7月11日 - 1937年10月21日)は、ドイツ出身のドイツ普及福音教会宣教師である。姓はムンツィンガーとも表記される。

1864年にプファルツ地方西部のクヴィルンバッハ (Quirnbach) で生まれた。1887年にハイデルベルク大学を卒業し、改革派教会牧師になった。

1889年に来日し、新教神学校哲学教義史を教えた。1895年にドイツに帰国し、ザウゼンハイムで牧師を務めた。1918年に著書『日本人』Die Japanen を出版。1901年にザールブリュッケンで牧師となったのち、1910年より1917年までドイツ普及福音教会の会長を務めた。

その後クーゼルランダウの教区長を1932年まで務め、1937年にハイデルベルクで死去。

参考文献[編集]