教義史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

教義史(きょうぎし、ドイツ語:Dogmengeschichte)とは、キリスト教の教義教理の批判的研究である。教理史とも訳されている。[1]

歴史[編集]

批評的教義史は自由主義神学(リベラリズム)によって確立された[2]ヨハン・フリードリヒ・ヴィルヘルム・イェルーザレムがその創始者である[2]

イェルーザレムは両性説(まことの神、まことの人)や三位一体の教理・教義は聖書に無いとする[2]アドルフ・フォン・ハルナックは、キリスト論受肉の教理・教義をヘレニズム由来としている[2]

G.S.シュタインバートは、代償的贖罪の教理、原罪についてのアウグスティヌスの教理、贖い、キリストの義の転嫁の教理が「恣意的仮説」であるとしている[2]

脚注[編集]

  1. ^ ルイス・ベルコフ「キリスト教教理史」日本基督教団出版局1989年
  2. ^ a b c d e アリスター・マクグラス『キリスト教神学入門』教文館

参考文献[編集]