プファルツ地方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プファルツ地方

プファルツ地方Pfalz)は、ドイツラインラント=プファルツ州の南部地方のこと。ファルツプァルツとも表記される。

かつてのライン宮中伯領(プファルツ選帝侯領)の一部で、現在は上級自治体連合プファルツ県連合(Bezirksverband Pfalz)となっている。

英語では Palatinate 、他のヨーロッパ諸語での名称もドイツ語名あるいは英語名に類する。

由来[編集]

本来「プファルツ」は、宮中伯(プファルツ伯、Pfarzgraf)の領邦(または城)を指す普通名詞であった。シュターレック家オットー2世ヘルマン3世父子、ホーエンシュタウフェン家ルートヴィヒフリードリヒの次男)とその従孫のコンラートフリードリヒ1世の弟)とヴェルフェン家ハインリヒ5世ハインリヒ6世父子が支配していたが、1214年にハインリヒ6世が嗣子なく急逝したためプファルツ系ヴェルフェン家は断絶し、ヴィッテルスバッハ家ルートヴィヒ1世が代わって、プファルツ地方を支配するようになった。1294年にヴィッテルスバッハ家はバイエルン系ヴィッテルスバッハ家とプファルツ系ヴィッテルスバッハ家に分裂した。

しかし、13世紀中頃までにライン宮中伯以外の宮中伯は消滅したため、「プファルツ」というとライン宮中伯の領邦を指す地名のように使われることになった。ライン宮中伯家(プファルツ系ヴィッテルスバッハ家)出身の人物の家名がフォン・デア・プファルツ(von der Pfalz)と定冠詞付きで称されたのは普通名詞であった名残りである。

なお、「プファルツ選帝侯」(Kurfürst von der Pfalz)とは宮中伯と選帝侯を兼ねた地位の通称である。歴史上ライン宮中伯のみであるため、単に「プファルツ選帝侯」だけでライン宮中伯を意味する。

ライン宮中伯=プファルツ選帝侯はヴィッテルスバッハ家の分枝によって継承された後、18世紀には同族のバイエルン選帝侯位もその断絶に際して継承する。フランス革命戦争ナポレオン戦争を経て、プファルツの地はバイエルン王国の飛び地となった。

プファルツの郡・独立市[編集]

現在のドイツでは、独立市からなる。州の中で、複数の郡と独立市が上級自治体連合という連合体を構成することがあり、プファルツ県連合もその1つである。ラインラント=プファルツ州の24郡12独立市のうち、8郡8独立市がプファルツ県連合を構成している。

[編集]

独立市[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]