鵜崎庚午郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鵜崎 庚午郎
Kogoro Uzaki.jpg
日本メソジスト教会初代監督時代
生誕 (1870-04-17) 1870年4月17日
日本の旗 日本播磨国(現、兵庫県)
死没 (1930-04-03) 1930年4月3日(59歳没)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 関西学院
職業 牧師教育者教会監督

鵜崎 庚午郎(うざき こうごろう、明治3年3月17日1870年4月17日) - 昭和5年(1930年4月3日)は明治時代から昭和時代前期の日本の牧師である。

1870年に播磨国(現・兵庫県)に生まれる。1887年、アメリカ南メソヂスト監督教会宣教師のウォルター・R・ランバスから洗礼をうける。献身して関西学院に入学してJ.C.C.ニュートン宣教師に育てられる。メソジストの神戸・広島・大阪・京都で伝道をする。日本人で初めて日本メソジスト監督教会の監督に就任する。

第三高等学校教授、関西学院教授になり、1912年に日本メソジスト教会機関誌「護教」主筆。1914年には長崎鎮西学院の院長に就任して。1920年に日本メソジスト教会の第3代監督となった。1930年に死去するまで監督を務めた。

参考文献[編集]

先代:
平岩愃保
日本メソヂスト教会監督
第3代:1920年 - 1930年
次代:
赤澤元造