河野純徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河野純徳(こうの よしのり、1921年-1989年3月31日)は、カトリック司祭

東京生まれ。ローマ・グレゴリアン大学大学院博士課程修了、Ph.D.イエズス会司祭。鹿児島教区。1986年『聖フランシスコ・ザビエル全書簡』で日本翻訳文化賞受賞[1]

著書[編集]

  • 『十字架の道』河野よしのり 南窓社 1977
  • 『鹿児島における聖書翻訳 ラゲ神父と第七高等学校造士館教授たち』キリシタン文化研究会 1981
  • 『アヴェ・マリア』南窓社 1985
  • 『聖フランシスコ・ザビエル全生涯』平凡社 1988

:翻訳

  • 『聖フランシスコ・ザビエル全書簡』平凡社 1985 のち東洋文庫全4巻 

脚注[編集]

  1. ^ 東洋文庫『聖フランシスコ・ザビエル全書簡』著者紹介