文語訳聖書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

文語訳聖書(ぶんごやくせいしょ)とは、文語体に訳された聖書である。

明治時代、キリスト教諸派の働きにより、さまざまな日本語訳聖書が文語体で編まれ、宣教に用いられた。口語文を唱導する言文一致運動が起こるなど、日本語の書きことばが大きく揺れ動いていた時代ではあったが、第二次世界大戦ののちまで、外国語の和訳には文語文を用いるのが常であった。

特に、次のようなものが知られている。

『舊新約聖書』
単に『文語訳聖書』『文語聖書』とも。日本聖書協会またその前身などが主に発行してきた訳およびその写し。本稿で詳述。
我主イエズスキリストの新約聖書』(ラゲ訳)
カトリック教会事実上の標準訳として用いていた。
日本正教会訳聖書(ニコライ・中井訳)
日本正教会によるもので、西方教会でいう『詩編』すなわち『聖詠經』など旧約聖書として用いるものや、『福音經』『使徒經』その他のいわゆる新約聖書すなわち『我主イイススハリストスの新約』がある。日本のキリスト教会で今日ただひとつ、公式に教派を挙げて奉神礼すなわち西方教会でいう礼拝に用いる訳である。

『我主イエズスキリストの新約聖書』と『我主イイススハリストスの新約』とは、述べる内容は等価といってよいが、言い回しは同一でなく、別の訳である。

舊新約聖書[編集]

舊新約聖書』あるいは『文語訳聖書』として知られる。日本語で単に文語訳聖書と言えば、あるいは聖書に関して文語訳と言えば、ほとんどの場合、主に日本聖書協会が今日、目録番号の冒頭にJLを付して出版するこの文語訳『舊新約聖書』を指すのである。

書名はほかにも、奥付などには、その類にしたがって『大形文語聖書』『小形印照つき文語聖書』などのようにあるほか、同協会のウェブ上では同様に『文語訳 大型聖書』『文語訳 小型聖書』などとあり、表紙や背表紙、外函などでは同じく『舊新約聖書 文語訳』『舊新約聖書 印照附』などとある。抜粋のものには『文語訳 小型新約聖書詩篇附』などがある。

なお、「」は「」の異体字である。「」の異体字に「」があるが、『舊新約聖書 文語譯』などとはしないようである。

元来、この翻訳は大英国聖書会社米国聖書会社北英国聖書会社の日本支社の共同事業であった。

1874年ヘボンブラウンらからなる翻訳委員社中によって新約聖書の翻訳がはじまり、約5年半の歳月をへて完成。1878年に聖書常置委員会が組織され、これによる旧約聖書1887年完成[1]。今日、これらをあわせて『明治元訳聖書』という。この旧約部分と、1917年に新約聖書のみ完成した『大正改訳聖書』が本書に収録されている。

これらをあわせて考えると、明治期より昭和中期ごろまでに、日本でもっとも普及した聖書であると言える。広く日本の思想・文学に影響を与えた[2]、愛読者が絶えない名訳[3]である。

購入は各社オンラインショップまた各地の書店でも可能。キリスト教書店でも取り寄せ可能であろう。また、パブリックドメイン化もされており、有志による電子版が安価もしくは無料で入手できる。

エホバの証人の組織が本書について「この翻訳では,創世記 2章4節を初めとして,一貫してエホバという名が用いられています」[証人 1]などということがあるが、よく見るとホバ[4]ではなく、ホバ[5]となっており、注意が必要である。しかしそれでも、1982年の日本語版『新世界訳』全訳の最初の発行まで、彼らの主要な聖書として使われてきた。彼らが組織で学ぶ教えでは「クリスチャン-ギリシャ語聖書」(一般にいう新約聖書の範囲に相当)にはもともとその名があったといい、上層部の訳による『新世界訳』でもそうなっているが、単なる改ざん[6]であることが指摘されており、本書では旧約聖書にしか登場しない。

ISBN[編集]

小型クロス装文語聖書 JL43
ISBN 978-4-8202-1275-1
小型ビニールクロス装文語聖書 JL44
ISBN 978-4-8202-1315-4
小型革装文語聖書 JL49S
ISBN 978-4-8202-1276-8
大型クロス装文語聖書 JL63
ISBN 978-4-8202-1235-5
ISBN 4-8202-1136-6
ISBN 4-8202-1027-0
大型合成皮革装文語聖書 JL65
ISBN 4-8202-1028-9
大型折革装文語聖書 JL69S
ISBN 978-4-8202-1236-2
ISBN 4-8202-1137-4
ISBN 4-8202-1029-7
大型講壇用革装文語聖書 JL98
ISBN 4-8202-0050-X
小型クロス装文語聖書引照つき JLO43
ISBN 4-8202-1007-6
ISBN 4-8202-0046-1
小型折革装文語聖書引照つき JLO49S
ISBN 4-8202-1016-5
ISBN 4-8202-0047-X
中型クロス装文語聖書引照つき JLO63
ISBN 4-8202-1008-4
ISBN 4-8202-0048-8
中型折革装文語聖書引照つき JLO69S
ISBN 4-8202-1021-1
ISBN 4-8202-0049-6

新約聖書詩編つき[編集]

旧約聖書がほとんど収録されていないため『舊新約聖書』という書名は付されないが、関連性を重視し本セクションに併記する。

小型クロス装文語新約聖書詩編つき JL343 ※文字の大きさ7ポイント
ISBN 978-4-8202-3218-6
小型クロス装文語新約聖書詩編つき JLR353 ※文字の大きさ8.5ポイント
ISBN 4-8202-2012-8
ISBN 4-8202-0052-6
中型クロス装文語新約聖書詩編つき JLR373
ISBN 4-8202-0051-8
大型クロス装文語新約聖書詩編つき JLR383
ISBN 4-8202-0053-4

脚注[編集]

キリスト教会[編集]

  1. ^ バイブルハウス南青山文語訳聖書とは
  2. ^ 日本聖書協会文語訳 小型聖書』(「明治初期、J.C.ヘボンを中心とした委員会が翻訳し、広く日本の思想・文学に影響を与えた旧新約聖書です。スマートかつコンパクトに仕上げました」と書いてある)
  3. ^ バイブルハウス南青山日本語文語訳聖書』(「ヘボンらを中心とした翻訳委員社中および聖書翻訳出版常置委員会により翻訳され、聖書協会として初めて発行した記念すべき日本語聖書。愛読者が絶えない名訳です」と書いてある)
  4. ^ 現代仮名遣い
  5. ^ 歴史的仮名遣
  6. ^ 正木弥「神のみ名」『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』びぶりや書房(現ビブリア書房)、2007年11月ISBN 978-4-907420-02-4

その他の宗教[編集]

  1. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「エホバ」『聖書から論じる』 88ページ、1985年1989年2009年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]