坂東勘五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂東勘五郎

坂東 勘五郎(ばんどう かんごろう、1861年2月24日万延2年1月15日) - 1918年大正7年)3月23日)は、日本政治家実業家徳島県東みよし町出身。

経歴[編集]

阿波国三好郡中庄村(現在の徳島県東みよし町)の郷士・坂東恒五郎の長男として生まれた。

徳島師範学校を卒業後、小学校教員、郡書記、県会議員、県会副議長を経て、1894年明治27年)の第4回衆議院議員総選挙に無所属で出馬し衆議院議員として初当選し、以来25年間に渡り国政に参与した。

在任中は、北海道縦貫自動車道の完成、全国の鉄道敷設に力を注いだ。また、地元である徳島県においても徳島鉄道を設立して社長に就任した。

1917年大正7年)3月23日に急逝。享年58。墓所は阿南市羽ノ浦町にあり、阿南市指定史跡に選定されている。従五位勲三等瑞宝章受章。

参考文献[編集]

  • 『講談社日本人名大辞典』(講談社