中村弥六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村弥六
中村弥六

中村 弥六(なかむら やろく、安政元年12月8日1855年1月25日〕 - 昭和4年〔1929年7月7日)は日本林学者農商務官僚・政治家(代議士)。号は「背水」または「背山」で、通称「背水将軍」。

日本で第一号の林学博士[1]で、原敬首相の暗殺犯中岡艮一の大叔父(中岡の父・精の叔父)にあたる[2]歴史学者中山久四郎東京文理科大学教授は養子で、その長女長女二三子は、南洋拓殖社長を務めた下田文一の妻[3][4]

経歴[編集]

信濃国伊那郡高遠城下(現在の長野県伊那市)に儒学者中村元起(黒水と号す)の二男として生まれる。中村家は代々高遠藩の藩儒の家柄。明治2年(1869年)上京し安井息軒に学んだのち、翌年貢進生として開成学校に入学する。卒業後、東京外国語学校(現在の東京外国語大学)の教師になる。

外国語学校から大阪師範学校(現在の大阪教育大学)の教師に転じたが、明治11年(1878年)に廃校になったため内務省地理局に入り、ここで林業の重要さに開眼する。明治12年(1879年ドイツに留学。明治13年(1880年)現地で大蔵省御用掛に任命され、官費留学生としてミュンヘン大学で勉強できるようになった。中村はミュンヘン大学に入学した初めての東洋人である[5]

帰国後は一時大蔵省にいたが、やがて農商務省に入り、さらに新設の東京山林学校教授になる。明治22年(1889年)山林学校が東京農林学校になり、さらに帝国大学農科大学に昇格したのを機会に退職、農商務省に戻る。

明治23年(1890年)7月1日施行された第1回衆議院議員総選挙に郷里の長野県第6区から立候補し当選する。第1次大隈内閣では進歩党系となり司法次官となる。

1898年フィリピン独立革命マリアノ・ポンセが支援を求めて訪日した際、日本軍から革命軍への武器払い下げ交渉に尽力した。しかし武器は輸送船「布引丸」の沈没によってフィリピンに届けることができず、残った武器を(フィリピン独立派の承認を得た上で)宮崎滔天興中会による武装蜂起(恵州事件)に転用しようとした時、中村が勝手に売り払い、かつ代金を着服したことが発覚し、多くの非難を浴びた。ただし中村自身は冤罪であることを訴えている[6]

「何ぞ独り参政の権利を10円以上の納税者のみに制限するの理あらんや……」との理由を付した、日本初の普通選挙案を憲政本党降旗元太郎河野広中、無所属の花井卓蔵らとともに衆議院に提出したものの、否決される。

大正10年(1921年)11月4日、親戚の中岡艮一が当時の首相原敬を暗殺した際、犯行2日後の東京日日新聞(現毎日新聞)に「艮一の大叔父中村彌六氏談」という見出しでコメントが載った[2]

磐梯山噴火後の裏磐梯の緑化に尽力した遠藤現夢に植林を指導し、中村の名は五色沼に「弥六沼」として残る[7]

進徳の森[編集]

ユリノキ(進徳の森)

明治44年(1911年)、高遠町東高遠の峰山寺周辺が大雨で崩壊した際に中村弥六は中村家周辺の土地を購入し、当時珍しかった外国産の樹木を目黒にあった林業試験場から移植した[8]。町では、この山林を藩校進徳館にちなんで「進徳の森」と名付けた[8]2016年5月現在ドイツトウヒ、ストローブマツ、ユリノキなどが育っており、このなかで35mを越える2本のユリノキが特に目立っている[9]。入り口は、峰山寺[10]墓所を抜け奥にある中村家の墓所周辺を言う。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『信州の人脈(下)』 28、29頁
  2. ^ a b 『ペルソナ 三島由紀夫伝』 83頁
  3. ^ 中村久四郞 (男性)人事興信録データベース第8版 [昭和3(1928)年7月](名古屋大学大学院法学研究科
  4. ^ 「中山禎次郞 (男性)」人事興信録第8版 [昭和3(1928)年7月](名古屋大学大学院法学研究科)
  5. ^ 『信州の人脈(下)』 31頁
  6. ^ 宮崎滔天『三十三年の夢』「孫○○に与うる書」。
  7. ^ 磐梯朝日国立公園 セブンイレブン記念財団”. 2012年9月16日閲覧。
  8. ^ a b 『中村弥六物語』89頁
  9. ^ 中村弥六ー近代林業の先駆者にして反骨の政治家ー 38頁
  10. ^ 『高遠ガイド』1984年 87頁

関連人物[編集]

外部リンク[編集]