永田善三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永田善三郎

永田 善三郎(ながた ぜんざぶろう、1885年明治18年)6月11日[1] - 1950年昭和25年)12月6日[2])は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党)、海軍参与官ジャーナリスト

経歴[編集]

静岡県周智郡久努西村(現在の袋井市)出身[3]1907年(明治40年)、早稲田大学政治科を卒業[4]。台湾日日新聞社記者、満洲日日新聞社編集長、大連汽船株式会社天津支店長、永田鉱業株式会社社長を歴任した[4]

1924年(大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第19回に至るまで5回連続当選を果たした。その間、廣田内閣で海軍参与官に就任した。

さらに大連の漢字紙『関東報』の社長や静岡民友新聞社の社長も務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第60回帝国議会衆議院議員名簿』、1931年。
  2. ^ 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  3. ^ a b 『衆議院議員略歴』
  4. ^ a b 『早稲田大学紳士録』

参考文献[編集]

  • 早稲田大学紳士録刊行会編 『昭和十五年版 早稲田大学紳士録』 早稲田大学紳士録刊行会、1939年
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』 衆議院事務局、1940年