菅原傳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菅原傳の肖像写真

菅原 傳(すがわら でん、文久3年8月25日[1]1863年10月7日) - 昭和12年(1937年5月9日)は、明治から昭和時代前期の政治家。名は「つたう」とも読む。

経歴[編集]

文久3年(1863年)、陸奥国遠田郡(現在の宮城県遠田郡涌谷町)に生まれる。

明治19年(1886年)渡米、パシフィック大学に学ぶ。サンフランシスコで在米日本人の愛国有志同盟会を結成。

明治31年(1898年)、衆議院議員に当選(以後当選16回、立憲政友会)。

大正13年(1924年)、加藤高明内閣海軍参与官に就任。この間、新聞「十九世紀」「人民」を発刊。

昭和12年(1937年)5月9日死去。75歳。

脚注[編集]

  1. ^ 『第拾壱回改選 代議士銘鑑』、国華新聞社、1912年。