佐藤昌蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 昌蔵(さとう しょうぞう、1833年天保4年)- 1915年大正4年)は岩手県盛岡市出身の政治家衆議院議員)。

経歴[編集]

1833年天保4年)6月、盛岡に生まれる。盛岡藩士となり、明治維新後は藩の公用人を務める。廃藩置県後は青森県・岩手県・茨城県などの勧業課長や郡長を経て、1890年(明治23年)の第1回衆議院議員総選挙に岩手県第3区より立候補して当選。以後、第3回衆議院議員総選挙まで3回連続して当選する。当時の佐藤は政党には所属せず、第1回総選挙後は院内会派大成会、第2回総選挙後は同じく院内会派の中央交渉会に所属したが、第3回総選挙時は、中央交渉会の後身に当たる国民協会を脱退して無所属であった。

1915年11月30日 死去。83歳。