佐々木文一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
佐々木文一

佐々木 文一(ささき ぶんいち、明治元年12月15日1869年1月27日〉 - 昭和5年〈1930年1月16日[1])は、衆議院議員立憲政友会)、弁護士

経歴[編集]

美濃国可児郡伏見村岐阜県御嵩町から可児市)出身。1893年(明治26年)、日本法律学校(現在の日本大学)を卒業[2]。弁護士試験に合格し、1894年(明治27年)から開業した[3]

1908年(明治41年)、第10回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。その後、4回の当選回数を数えた。

その他、神中鉄道株式会社・東北起業株式会社取締役や日本大学理事を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 『衆議院議員略歴』
  2. ^ 『人事興信録』
  3. ^ 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧下巻 大正六年十一月』 衆議院事務局1917年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第7版』 人事興信所、1925年
  • 『第一回乃至第十九回総選挙 衆議院議員略歴』 衆議院事務局1936年