第10回衆議院議員総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第10回衆議院議員総選挙
日本
1904年 ←
1908年(明治41年)5月15日
→ 1912年

内閣 第1次西園寺内閣
任期満了日 1908年(明治41年)2月29日[注釈 1]
公示日 1908年(明治41年)4月10日
改選数 379
選挙制度 大選挙区制
有権者 直接国税10円以上納税の満25歳以上の男性日本国民
有権者数 1,590,045
Japanese General election, 1908 ja.svg
選挙後の党派別勢力図

投票率 85.29%(減少 0.77%)
  第1党 第2党 第3党
  Kinmochi Saionji formal.jpg Gray - replace this image male.svg Gray - replace this image male.svg
党首 西園寺公望 不明 不明
政党 立憲政友会 憲政本党 大同倶楽部

  第4党
  Gray - replace this image male.svg
党首 複数代表制
政党 猶興会

選挙前内閣総理大臣

西園寺公望
立憲政友会

選挙後内閣総理大臣

西園寺公望
立憲政友会

第10回衆議院議員総選挙(だい10かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、1908年明治41年)5月15日日本で行われた帝国議会衆議院議員総選挙である。

概説[編集]

日露戦争の戦費調達のために行われた増税が、結果として有権者数を前回総選挙時と比べて2倍以上に増加させることになった選挙である。

選挙権者が158万人に上った[2]

選挙データ[編集]

内閣[編集]

解散日[編集]

  • 任期満了
1908年(明治41年)3月1日

公示日[編集]

投票日[編集]

  • 1908年(明治41年)5月15日

改選数[編集]

  • 379

選挙制度[編集]

  • 大選挙区制(一部1人区制)
  • 制限投票
    • 直接国税10円以上納税の満25歳以上の男性
    • 有権者数 159万0045(前回比 +208.54%)

選挙結果[編集]

投票率[編集]

  • 85.29%(前回比 –0.77%)

党派別獲得議席数[編集]

議員[編集]

この選挙で当選[編集]

 立憲政友会   憲政本党   大同倶楽部   猶興会   無所属 

※北海道の「○○等」は○○の周辺の複数の支庁管内を示す。

北海道 札幌 浅羽靖 函館 小橋栄太郎 小樽 渡辺兵四郎
函館等[注釈 2] 横田虎彦 札幌等[注釈 3] 東武 根室等[注釈 4] 白石義郎
青森県 弘前 石郷岡文吉 青森 大坂金助
郡部 小山内鉄弥 市田兵七 竹内清明 阿部政太郎
岩手県 盛岡 原敬
郡部 柵瀬軍之佐 阿部徳三郎 村上先 高橋嘉太郎 小野崎耕夫
宮城県 仙台 藤沢幾之輔
郡部 村松亀一郎 高野孟矩 菅原伝 斎藤二郎 首藤陸三 沢来太郎
秋田県 秋田 大縄久雄
郡部 榊田清兵衛 荒谷桂吉 添田飛雄太郎 斎藤宇一郎 三浦盛徳 近江谷栄次
山形県 山形 戸狩権之助 米沢 丸山孝一郎
郡部 長晴登 国井庫 阿部孫左衛門 西沢定吉 加藤正英 池田藤八郎
福島県 若松 柴四朗
郡部[注釈 5] 鈴木寅彦 河野広中 星一 柏原左源太 佐治幸平 平島松尾 堀江覚治 佐々木鉄太郎
茨城県 水戸 小山田信蔵
郡部 磯部保次 飯田新右衛門 小久保喜七 宮古啓三郎 大津淳一郎 浜名信平 根本正 関信之介 木村格之輔
栃木県 宇都宮 矢島中
郡部 津久居彦七 石田仁太郎 小林庄一郎 木村半兵衛 江原節 高久倉蔵
群馬県 前橋 関口安太郎 高崎 鈴木久五郎
郡部 細野次郎 武藤金吉 須藤嘉吉 根岸峮太郎 佐藤虎次郎 日向輝武
埼玉県 全県 福田又一 卜部喜太郎 阪泰碩 加藤政之助 綾部惣兵衛 宮内翁助 小沢愛次郎 斎藤珪次 塚田啓太郎
千葉県 全県 藤代市之輔 吉植庄一郎 長島鷲太郎 稲村辰次郎 板倉中 東条良平 鈴木久次郎 安田勲 鵜澤總明 加瀬禧逸
神奈川県 横浜 島田三郎 堀谷左治郎
郡部[注釈 6] 梅原良 小泉又次郎 福井準造 田中亀之助 長谷川豊吉 中村舜次郎
山梨県 甲府 佐竹作太郎
郡部 森国造 根津嘉一郎 天野董平 手塚正次
東京府 東京 高木益太郎 蔵原惟郭 鳩山和夫 中野武営 江間俊一 稲茂登三郎 山根正次 松下軍治 三輪信次郎 関直彦
渡辺勘十郎
郡部[注釈 7] 高木正年 漆昌巌 岡崎邦輔 森久保作蔵 村野常右衛門
新潟県 新潟 斎藤巳三郎
郡部[注釈 8] 竹越与三郎 高橋文質 山田又七 田辺熊一 関矢橘太郎 高橋光威 長場龍太郎 佐藤貞雄 山際敬雄 坂口仁一郎
大竹貫一 青柳信五郎 佐渡 山本悌二郎
富山県 富山 牧野平五郎 高岡 筏井甚吉
郡部 岡崎佐次郎 西能源四郎 上埜安太郎 神保東作 伊東祐賢
石川県 金沢 戸水寛人
郡部 駒田小次郎 上出長次郎 橋本次六 米田穣 松田吉三郎
福井県 福井 鷲田土三郎
郡部 杉田定一 笠川継孝 丹尾頼馬 荻野芳蔵
長野県 長野 水品平右衛門
郡部[注釈 9] 矢島浦太郎 安川保次郎 渡辺千冬 小川平吉 久保田与四郎 翠川鉄三 立川雲平 中村弥六 伊藤大八
岐阜県 岐阜 千早正次郎
郡部 古井由之 花村覚三郎 大野亀三郎 佐々木文一 松野祐次郎 岡井藤之丞 大熊三之助
静岡県 静岡 秋山一裕
郡部 松浦五兵衛 清崟太郎 沢田寧 大橋頼摸 森田勇次郎 鈴木辰次郎 高柳覚太郎 大野久次 八束可海
愛知県 名古屋 鈴木摠兵衛 安東敏之
郡部[注釈 10] 清水市太郎 横井甚四郎 鈴木仙太郎 築山和一 村松愛蔵 早川龍介 福岡精一 春田祐清 鈴木友治郎 内藤魯一
後藤文一郎
三重県 松本恒之助 四日市 井上敏夫
郡部[注釈 11] 栗原亮一 片岡直温 尾崎行雄 浜田国松 大井卜新 中村豊次郎 森茂生
滋賀県 大津 村田虎次郎
郡部 高橋政右衛門 武田貞之助 藤井善助 吉田虎之助 島田保之助
京都府 京都 西村治兵衛 木村省吾 中安信三郎
郡部 木村艮 岡田泰蔵 奥繁三郎 岩田信 川崎安之助
大阪府 大阪 岩下清周 石橋為之助 天川三蔵 沢田佐助 菊池侃二 有本国蔵 大西五一郎
郡部 植場平 本出保太郎 中林友信 井阪光暉 秋岡義一 藤沢元造
兵庫県 神戸 桜井一久 坪田十郎 姫路 神戸松之輔
郡部 多木久米次郎 小寺謙吉 水野正巳 肥塚竜 内藤利八 竹田文吉 改野耕三 西村真太郎 森本駿 松元剛吉
佐野春五
奈良県 奈良 八木逸郎
郡部 青木新治郎 井上僖作朗 森正 村井善四郎
和歌山県 和歌山 阪本弥一郎
郡部 山口熊野 神前修三 中村啓次郎 望月右内 千田軍之助
鳥取県 鳥取 木下義之
郡部 西谷金蔵 奥田柳蔵 福留清四郎
島根県 松江 岡崎運兵衛
郡部 恒松隆慶 石田孝吉 園山勇 河上英 向坂弘 隠岐 中沼信一郎
岡山県 岡山 服部綾雄
郡部 横井時雄 守屋此助 福井三郎 西村丹治郎 犬養毅 入江武一郎 坂本金弥 竹内正志
広島県 広島 串本康三 尾道 橋本太吉
郡部[注釈 12] 花井卓蔵 井上角五郎 横山金太郎 荒川五郎 麦田宰三郎 世良静一 金尾稜厳 森田俊佐久 富島暢夫 望月圭介
山口県 下関 松尾寅三
郡部 徳田譲甫 山田桃作 河野郁太郎 小河源一 飯田精一 大岡育造 佐々木安五郎
徳島県 徳島 岩本晴之
郡部 坂東勘五郎 川真田徳三郎 大久保弁太郎 橋本久太郎 中川虎之助
香川県 高松 田中定吉 丸亀 加治寿衛吉
郡部 三土忠造 原岡永江 松家徳二 西山彰 景山甚右衛門
愛媛県 松山 加藤恒忠
郡部 才賀藤吉 田坂初太郎 夏井保四郎 高山長幸 渡邊修 武市庫太 村松恒一郎
高知県 高知 仙石貢
郡部 大石正巳 富田幸次郎 和田尊義 細川義昌 町田旦竜
福岡県 福岡 太田清蔵 久留米 浅野陽吉 門司 石田平吉 小倉 古賀庸蔵
郡部 蔵内次郎作 古野孫太郎 熊本寿人 大内暢三 的野半介 福本誠 庄野金十郎 野田卯太郎 永江純一 富安保太郎
佐賀県 佐賀 豊増竜次郎
郡部 松田正久 有田源一郎 川原茂輔 武富時敏 神崎東蔵
長崎県 長崎 鈴木力
郡部[注釈 13] 倉光藤太 横山寅一郎 中倉万次郎 臼井哲夫 田川大吉郎 木下吉之丞 対馬 古森泰
熊本県 熊本 山田珠一
郡部 守山又三 内野延 紫垣一雄 安達謙蔵 木村義賢 高田露 高森新 原田十衛
大分県 全県 木下謙次郎 三浦覚一 箕浦勝人 松田源治 元田肇 佐藤庫喜
宮崎県 全県 水間此農夫 肥田景之 川越進 坂元英俊
鹿児島県 鹿児島 山岡国吉
郡部 長谷場純孝 武満義雄 奥田栄之進 柚木慶二 鮫島慶彦 肥後幸盛 高原篤行 大島 坂本元明

補欠当選等[編集]

 立憲政友会   憲政本党   立憲国民党   大同倶楽部   中央倶楽部   猶興会・又新会   中立 

月日 選挙区 選出 新旧別 当選者 所属党派 欠員 所属党派 欠員事由
1909 3.2 宮城県郡部 繰上補充 遠藤良吉 立憲政友会 高野孟矩 中立 1909.2.23選挙法第11条該当
3.5 愛媛県郡部 森肇 中立 田坂初太郎 又新会 1909.2.23辞職
5.10 長崎県郡部 辻川与一右衛門 立憲政友会 臼井哲夫 大同倶楽部 1909.4.28辞職
5.14 岡山県郡部 川島亀夫 立憲政友会 横井時雄 立憲政友会 1909.5.6辞職
5.25 三重県郡部 川村曄 立憲政友会 栗原亮一 立憲政友会 1909.5.10辞職
愛知県郡部 後藤文一郎 立憲政友会 村松愛蔵 立憲政友会 1909.5.11辞職
静岡市 松本君平 立憲政友会 秋山一裕 立憲政友会 1909.5.12辞職
埼玉全県 粕谷義三 立憲政友会 小沢愛次郎 立憲政友会 1909.5.13辞職
愛知県郡部 更正決定 鈴置倉次郎 又新会 後藤文一郎 立憲政友会 1909.5.13当選無効
5.27 兵庫県郡部 繰上補充 安藤新太郎 立憲政友会 森本駿 立憲政友会 1909.5.13辞職
6.2 奈良県郡部 久保伊一郎 大同倶楽部 青木新治郎 憲政本党 1909.5.12辞職
7.1 石川県郡部 藻寄鉄五郎 立憲政友会 上出長次郎 立憲政友会 1909.6.11選挙法違反
7.25 静岡県郡部 補欠選挙 伊東要蔵 立憲政友会 松浦五兵衛 立憲政友会 1909.7.3選挙法第11条該当
河井重藏 憲政本党 沢田寧 立憲政友会 1909.7.3選挙法第11条該当
7.26 函館外
三支庁管内
遠藤吉平 立憲政友会 横田虎彦 大同倶楽部 1909.6.28辞職
栃木県郡部 関田嘉七郎 憲政本党 木村半兵衛 憲政本党 1909.7.3選挙法第11条該当
7.27 兵庫県郡部 鹿島秀麿 憲政本党 西村真太郎 憲政本党 1909.7.3選挙法第11条該当
7.28 福井県郡部 名村忠治 立憲政友会 荻野芳蔵 立憲政友会 1909.7.1辞職
広島市 再選挙 早速整爾 又新会 串本康三 立憲政友会 1909.7.5選挙無効
7.29 群馬県郡部 補欠選挙 中島祐八 憲政本党 佐藤虎次郎 立憲政友会 1909.7.3選挙法第11条該当
千葉全県 千葉禎太郎 立憲政友会 安田勲 憲政本党 1909.7.3選挙法第11条該当
佐賀県郡部 永野静雄 中立 神崎東蔵 憲政本党 1909.7.3選挙法第11条該当
7.30 神奈川県郡部 土屋大次郎 立憲政友会 長谷川豊吉 立憲政友会 1909.7.3選挙法第11条該当
9.4 長野県郡部 上柳喜右衛門 立憲政友会 立川雲平 立憲政友会 1909.8.9辞職
9.11 愛知県郡部 三浦逸平 又新会 横井甚四郎 立憲政友会 1909.8.16死去
11.14 千葉全県 補欠選挙の
繰上補充
関和知 憲政本党 鈴木久次郎 憲政本党 1909.10.23選挙法第11条該当
11.19 大阪府郡部 補欠選挙 乾亀松 立憲政友会 中林友信 立憲政友会 1909.10.12選挙法第11条該当
12.29 小樽区 高橋直治 立憲政友会 渡辺兵四郎 中立 1909.12.10当選無効
1910 6.1 神奈川県郡部 補欠選挙の
繰上補充
神藤才一 中立 土屋大次郎 立憲政友会 1910.5.12死去
7.13 神戸市 補欠選挙 野添宗三 立憲国民党 桜井一久 立憲国民党 1910.6.18死去
9.5 大阪市 日野国明 中立 天川三蔵 立憲政友会 1910.8.8選挙法第11条該当
10.3 京都府郡部 木戸豊吉 立憲政友会 岩田信 立憲政友会 1910.9.4死去
11.14 高知県郡部 藤崎朋之 立憲国民党 和田尊義 立憲国民党 1910.10.17死去
12.6 神奈川県郡部 黄金井為造 立憲政友会 中村舜次郎 立憲政友会 1910.11.10辞職
1911 1.14 京都市 浜岡光哲 中立 西村治兵衛 中立 1910.12.14死去
3.7 大阪府郡部 森秀次 中央倶楽部 藤沢元造 中立 1911.2.16辞職
6.11 千葉全県 五十嵐敬止 立憲政友会 東条良平 立憲政友会 1911.5.8死去
7.18 大阪市 三谷軌秀 中立 沢田佐助 立憲政友会 1911.7.3死去
7.24 石川県郡部 小池靖一 立憲政友会 藻寄鉄五郎 立憲政友会 1911.6.8選挙法第11条該当
8.5 愛知県郡部 高浜与七 立憲政友会 内藤魯一 立憲政友会 1911.6.29死去
8.8 前橋市 笹治元 立憲国民党 関口安太郎 中立 1911.7.11死去
8.12 山形県郡部 斎藤三郎右衛門 立憲国民党 池田藤八郎 立憲国民党 1911.7.7死去
10.27 東京市 古島一雄 立憲国民党 鳩山和夫 立憲政友会 1911.10.4死去
12.21 青森県郡部 寺井純司 立憲政友会 小山内鉄弥 立憲国民党 1911.11.23死去
12.29 岐阜県郡部 高橋義信 中立 大熊三之助 立憲国民党 1911.12.4選挙法第11条該当
出典:衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 院内会派編衆議院の部』大蔵省印刷局、1990年。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 任期満了日以降の議会閉会日である1908年3月27日まで在任。[1]
  2. ^ 函館・旧松前檜山寿都各支庁管内
  3. ^ 札幌小樽・岩内増毛宗谷上川空知室蘭浦河各支庁管内
  4. ^ 根室釧路河西網走各支庁管内
  5. ^ 福島市を含む。
  6. ^ 横須賀市を含む。
  7. ^ 伊豆諸島を含む。
  8. ^ 長岡市を含む。
  9. ^ 松本市を含む。
  10. ^ 豊橋市を含む。
  11. ^ 宇治山田市を含む。
  12. ^ 呉市を含む。
  13. ^ 佐世保市を含む。

出典[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 資料編』大蔵省印刷局、1990年、37頁。
  2. ^ 加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』2009年7月 朝日出版社 184頁

参考文献[編集]

  • 衆議院事務局編『総選挙衆議院議員当選回数調 - 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]