植場平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
植場平

植場 平(うえば はかる、安政2年3月2日[1]1855年4月18日) – 昭和4年(1929年8月17日[2])は、衆議院議員立憲政友会政友本党立憲民政党)。

経歴[編集]

讃岐国香川郡百相村(現在の香川県高松市)出身。1882年明治15年)、大阪府警部補に任じられた[1]1887年(明治20年)、島上島下両郡連合会議員となり、淀川改良工事の請願に取り組んだ[1]1897年(明治30年)、自由党大阪支部幹事となり、大阪府会議員に当選した[1]。その後、憲政党立憲政友会の創設に参加し、幹事となった[1]

1902年(明治35年)、第7回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、当選回数は8回を数えた。その間、高槻町長大冠村長を務めた[2]

その他に高槻銀行取締役を務めた[2]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新選代議士列伝』p.30
  2. ^ a b c 『衆議院議員略歴』
  3. ^ 人事興信所編『人事興信録 第14版(下)』人事興信所、1943年。

参考文献[編集]

  • 『新選代議士列伝』 金港堂、1902年
  • 『第一回乃至第十九回総選挙 衆議院議員略歴』 衆議院事務局1936年