竹内明太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

竹内 明太郎(たけうち めいたろう[1]1860年3月20日万延元年2月28日[2] - 1928年昭和3年)3月23日[1])は、日本実業家政治家衆議院議員(高知県第五区選出、当選3回)[1]。族籍は東京府士族[2][3]

来歴・人物[編集]

現在の高知県宿毛市出身。竹内綱の長男[2]。上京して自由民権運動に関わり、自由党に入党して『東京絵入自由新聞』を創刊する。鉱山業、鉄工業を営む[1][3]佐賀県芳谷炭鉱[4]を経営した。

1902年(明治35年)には遊泉寺銅山の開発に着手すると、1917年遊泉寺銅山の附属施設として小松鉄工所(後の小松製作所)を設立した[5]

唐津鉄工所の創立者でもあり、日産自動車の前身の快進社等を設立する。早稲田大学理工科創立に関与し、また私立高知工業学校(現・高知県立高知工業高等学校)を創立経営する[1][3]。工業立国に尽力した。ちなみに国産第1号車のダットサン(DAT)のTは竹内明太郎の頭文字である。

1915年大正4年)、第12回衆議院議員総選挙立憲政友会(高知県郡部区)から出馬して当選[6]。1928年3月25日、死去した。住所は東京麻布笄町[2][3]

家族・親族[編集]

竹内家
親戚

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 『議会制度七十年史 第11』298頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年9月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第5版』た155頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年9月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第7版』た169頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年9月10日閲覧。
  4. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治40年』
  5. ^ 石川県のモノづくり産業の歴史と産業遺産、石川県、2019年10月29日閲覧。
  6. ^ 高知県郡部区 第12回衆議院議員選挙 -ザ・選挙-
  7. ^ 沈黙の巨星 : コマツ創業の人・竹内明太郎伝

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 衆議院、参議院編『議会制度七十年史 第11』大蔵省印刷局、1962年。