岡田伊太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡田伊太郎

岡田 伊太郎[1](おかだ いたろう、1877年明治10年)12月1日[2] - 1961年昭和36年)1月26日[3][4])は、日本の商人農産物貿易商)[5]政治家衆議院議員立憲政友会[4]実業家

経歴[編集]

福井県坂井郡金津町(現・あわら市)に生まれる[1]。生家は米穀商を営む[6]。岡田猪平の二男[5]、あるいは長男[6]1890年、従兄の初代福山甚三郎を頼って北海道に渡り、福山醸造で働く[7]

その後独立し、1895年札幌郡江別村(現江別市)で雑穀商を開業[6][7]。江別村会議員、同町会議員、北海道会議員、江別倉庫社長、北海道農林社長などを務めた[3]。また江別の電気事業に関わり、函館水電取締役、北海道電力顧問を歴任し、江別発電所(1991年廃止)の建設に尽力した[7]

1920年5月の第14回衆議院議員総選挙で北海道第6区から立憲政友会所属で出馬し当選[3]。以後、第15回第16回第18回第19回総選挙で当選し、衆議院議員を通算五期務めた[3]。この間、立憲政友会総務などを務めた[3]

家族[編集]

岡田家
  • 妻・こと1891年 - ?、北海道、持田辰之助の三女)[5]
  • 長男・良策1899年 - ?)[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『新代議士名鑑』160頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月4日閲覧。
  2. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、36頁。
  3. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』146頁。
  4. ^ a b 『議会制度七十年史 第11』113頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月8日閲覧。
  5. ^ a b c d 『人事興信録 第12版 上』オ202頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月4日閲覧。
  6. ^ a b c 『第二版 北海道人名辞書』371頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月4日閲覧。
  7. ^ a b c 『北海道歴史人物事典』77頁。

参考文献[編集]

  • 金子信尚編『北海道人名辞書』第二版、北海民論社、1923年。
  • 加藤紫泉『新代議士名鑑』国民教育会、1924年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 衆議院、参議院編『議会制度七十年史 第11』大蔵省印刷局、1962年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 北海道新聞社編『北海道歴史人物事典』北海道新聞社、1993年。