清水留三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
清水留三郎

清水 留三郎(しみず とめさぶろう、1883年明治16年)4月28日[1] - 1963年昭和38年)4月18日[2])は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党)、外務政務次官

経歴[編集]

群馬県前橋市出身。群馬県立前橋中学校を経て、1902年(明治35年)に早稲田大学法科を卒業した[1]。その後渡米し、ワシントン大学ミネソタ大学で学び、法学修士の称号を得た[1]。帰国後は関東産業新聞社長、上野新聞社専務、上毛機械合資会社代表社員、合資会社桜組支配人などを務めた[3]

1920年大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選した。第21回に至るまで7回当選を果たし、その間に平沼内閣で外務政務次官を務めた。

戦後、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となる[4]。追放解除後は政界に復帰することはなかった。

その他、東京輸出時計附属品工業組合顧問、生盛薬剤株式会社監査役[5]、南方科学研究会会長などを務めた[6]

著書[編集]

  • 『Modern Japan』(海野数馬と共著、1933年、モダンジャパン刊行会)
  • 『保健国策と医薬制度』(1938年、婦人往来社)
  • 『緊迫せる国際事情』(1940年、清談会事務所)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『早稲田大学紳士録』pp.413-414
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ 『衆議院要覧』
  4. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年569頁。NDLJP:1276156 
  5. ^ 『人事興信録』第13版
  6. ^ 『人事興信録』第14版

参考文献[編集]

  • 早稲田大学紳士録刊行会編 『昭和十五年版 早稲田大学紳士録』 早稲田大学紳士録刊行会、1939年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(上)』 人事興信所、1941年
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十七年十一月』 衆議院事務局、1942年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(上)』 人事興信所、1943年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年