生田和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
生田 和平
いくた わへい
生年月日 (1877-04-26) 1877年4月26日
出生地 徳島県石井町
没年月日 (1955-09-10) 1955年9月10日(78歳没)
所属政党 自由党

選挙区 徳島1区
当選回数 8回
在任期間 1917年 - 1920年
1924年 - 1930年
1930年 - 1942年
1949年 - 1953年
テンプレートを表示

生田 和平(いくた わへい、1877年明治10年)4月26日 - 1955年昭和30年)9月10日)は、日本政治家実業家衆議院議員[1]徳島県石井町出身。幼名・彦右衛門[2]

経歴[編集]

先代の生田和平の長男として名西郡石井村石井で生まれる[2]1903年明治36年)より和平の名を襲名した。実家は商で、後に製糸業に転じ、阿波共同製糸会社、徳島水力電気等で重役、社長となった[3]

徳島県石井町議員から同町長、名西郡議員を経て1915年大正4年)、徳島県会議員に当選。徳島県町村会長、全国町村会長、麻名用水組合議員、徳島県蚕糸同業組合長、大日本蚕糸会評議員などを歴任[3]

1917年(大正6年)には政友会に所属し衆議院議員総選挙に出馬、当選を果たす。以来、戦後は自由党に所属し衆議院議員総選挙で8回の当選を果たした。また徳島瓦斯(現在の四国ガス)、阿南鉄道取締役社長、四国生糸取締役なども務めた[3]

1955年昭和30年)9月10日、78歳で没する。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 生田和平 | 衆議院議員 | 国会議員白書
  2. ^ a b c 『徳島県歴史人物鑑』39頁。
  3. ^ a b c 『阿波人物志』p14

参考文献[編集]

  • 『阿波人物志』原田印刷出版、 1973年。
  • 『徳島県歴史人物鑑』徳島新聞社、1994年。