石坂豊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石坂 豊一(いしざか とよかず、1874年明治7年)5月3日[1] - 1970年昭和45年)5月5日)は、日本の政治家富山市長、衆議院議員(5期)、参議院議員(2期)。

経歴[編集]

1874年富山県に生まれて、のち京都の同志社で学ぶ。その後帰郷し、郡書記、富山県属、婦負郡長などを務め、樺太庁長官官房主事兼地方課長を歴任する。

1924年第15回衆議院議員総選挙に立候補して初当選。以来通算5期務める。立憲政友会総務、斎藤内閣文部参与官など務めるが、1942年翼賛選挙では非推薦となったため落選した。落選後の1944年富山市長に就任した。

戦後の1947年第1回参議院議員通常選挙富山県から自由党公認で立候補して当選、2期務めた。1959年に引退、1970年に死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、24頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』(衆議院、1990年)


名誉職
先代:
宇垣一成
最年長参議院議員
1956年4月 - 1959年5月
次代:
一松定吉