本岡昭次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
本岡 昭次
もとおか しょうじ
生年月日 (1931-03-18) 1931年3月18日(86歳)
所属政党 日本社会党→)
民主改革連合→)
民主党
称号 旭日大綬章

在任期間 2001年8月7日 - 2004年7月25日
テンプレートを表示

本岡 昭次(もとおか しょうじ、1931年(昭和6年)3月18日 - )は、日本政治家

参議院議員(4期)、参議院副議長(第24代)、民主党参議院議員会長(第2代)を歴任。

人物・略歴[編集]

  • 1950年 兵庫師範学校(現在の神戸大学教育学部)予科を卒業、小学校教諭となる。
  • 1980年6月 日本社会党より参議院議員に初当選。
  • 1984年8月8日 参議院建設委員長。
  • 1993年9月21日に参議院政治改革に関する特別委員長となるが、1月12日に特別委員会において委員長不信任決議が可決され、委員長を辞任。
  • 1995年5月 社会党を離党、民主改革連合に参加。
  • 1998年4月27日 新・民主党結党に参加。
  • 2000年1月20日、参議院国家基本政策委員長。2001年1月31日、参議院国家基本政策委員長。
  • 2001年8月7日 参議院副議長に就任。
  • 2003年11月3日 旭日大綬章受章。
  • 2004年6月5日 倉田寛之参議院議長不信任決議案審議のため議長席に着いた際に散会宣言を行った。年金関連法案の廃案を目的としていた民主党の意向によるものであったが、その後で議長によって散会が無効とされ、仮議長を選出するなどして、審議が続行。年金関連法案は可決された。
  • 2004年7月 参議院議員の任期満了に伴い政界を引退。

政策・主張[編集]

慰安婦について[編集]

「政府が関与し軍がかかわって、女子挺身隊という名前によって朝鮮の女性を従軍慰安婦として強制的に南方の方に連行したということは、私は間違いない事実だというふうに思います。」

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第12回参議院議員通常選挙 1980年6月22日 兵庫県地方区 日本社会党 420,556 17.4 2/7 - -
第14回参議院議員通常選挙 1986年7月6日 兵庫県選挙区 日本社会党 502,591 20.2 2/6 - -
第16回参議院議員通常選挙 1992年7月26日 兵庫県選挙区 日本社会党 436,639 21.6 2/10 - -
第18回参議院議員通常選挙 1998年7月12日 兵庫県選挙区 民主党 902,338 39.0 1/8 - -
当選回数4回 (参議院議員4)
議会
先代:
菅野久光
日本の旗 参議院副議長
第24代:2001年 - 2004年
次代:
角田義一
先代:
設置
日本の旗 参議院国家基本政策委員長
2000年 - 2001年
次代:
角田義一
先代:
青木薪次
日本の旗 参議院建設委員長
1984年 - 1985年
次代:
小山一平
党職
先代:
菅野久光
民主党参院議員会長
1998年 - 2000年
次代:
久保亘