梶原敬義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

梶原 敬義(かじわら けいぎ、1937年1月2日 - )は、日本政治家。元参議院議員(3期)。

来歴・人物[編集]

大分県別府市出身。1960年大分大学経済学部卒業。

1983年第13回参議院選挙日本社会党公認で立候補し、初当選。その後、1989年第15回参議院選挙1995年第17回参議院選挙でも当選し、計3期18年にわたって参議院議員を務めた。

この間、1991年9月12日に発足した社会党シャドーキャビネットでは内閣官房副長官に任じられ、1995年8月8日に発足した村山内閣改造内閣では大蔵政務次官に就任している。また、1996年社会民主党への党名変更後も、社民党にとどまった。1998年1月の党役員改選では、及川一夫政審会長の退任が決まると労組系の議員を背景に後任の政審会長に名乗りを上げたこともある[1]

しかし、2001年7月の第19回参議院議員通常選挙では、小泉純一郎首相の下で自由民主党が圧勝し、民主党自由党などとの選挙協力が整い盤石と見られていた梶原も、同党の後藤博子に敗れ落選した。

当時の政策[編集]

選択的夫婦別姓制度導入に賛同する[2]

脚注[編集]

  1. ^ 参院選へ土井新体制 社民党大会若手や女性を登用 労組系議員ら反発も、朝日新聞(1998年1月26日、2017年7月14日閲覧。
  2. ^ 第145回国会 - 参議院 - 本会議 - 3号 平成11年01月22日


議会
先代:
山本正和
日本の旗 参議院建設委員長
1992年 - 1993年
次代:
前田勲男