小山一平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小山 一平
こやま いっぺい
生年月日 1914年11月3日
出生地 長野県埴科郡南条村(現坂城町
没年月日 (2011-04-02) 2011年4月2日(96歳没)
出身校 旧制上田中学校(現長野県上田高等学校
前職 上田市長
所属政党 日本社会党
称号 従三位
勲一等瑞宝章

在任期間 1990年4月25日 - 1992年7月7日

選挙区 長野県地方区
当選回数 3回
在任期間 1974年7月7日 - 1992年7月7日
テンプレートを表示

小山 一平(こやま いっぺい、1914年11月3日 - 2011年4月2日[1])は、日本政治家。元日本社会党参議院議員(3期)。元参議院副議長

来歴・人物[編集]

長野県埴科郡南条村(現坂城町)出身。旧制上田中学校(現長野県上田高等学校)卒業。長野県議会議員、上田市長を経て、1974年第10回参議院議員通常選挙長野県選挙区から日本社会党公認で出馬し初当選。当選3回。

1986年の衆参ダブル選挙時に朝鮮総連から数十万円の献金を受け取ったことを認めている。さらに「私だけじゃない、社会党のほとんどの議員はもらっている。衆院選、参院選に限らない。県議選でも朝鮮総連から金をもらっている」と発言した。[2]

1989年在日韓国人政治犯釈放の要望書に署名。この中に、北朝鮮による日本人拉致問題の実行犯である辛光洙らが含まれていた。

1990年4月、小野明の急死に伴い後任の参議院副議長に就任。1992年7月まで参議院副議長を務めた。1992年、政界引退。今井澄が地盤を継いだ。同年に勲一等瑞宝章受章。

2011年4月2日、老衰のため死去。96歳没[1]。贈従三位





選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第10回参議院議員通常選挙 1974年7月7日 長野県地方区 日本社会党 394,701 34.4 1/5 - -
第12回参議院議員通常選挙 1980年6月22日 長野県地方区 日本社会党 444,372 39.6 2/3 - -
第14回参議院議員通常選挙 1986年7月6日 長野県選挙区 日本社会党 351,937 29.3 1/6 - -
当選回数3回 (参議院議員3)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小山一平氏=元参院副議長 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  2. ^ 週刊文春 1989年10月5日号 pp.41-41


議会
先代:
小野明
日本の旗 参議院副議長
第20代:1990年 - 1992年
次代:
赤桐操
先代:
本岡昭次
日本の旗 参議院建設委員長
1985年 - 1986年
次代:
鈴木和美