小林英三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 英三(こばやし えいぞう、1892年11月9日1972年11月7日)は、日本の政治家実業家厚生大臣1965年勲一等瑞宝章受章。

来歴・人物[編集]

広島県尾道市久保町生まれ。1917年東京高等工業学校(現・東京工業大学)を卒業後、埼玉県川口町(現・川口市)に移り住む。1920年(株)国際重工業を創立し社長となる。発明家としても知られ、農家で使う「籾殻かまど」や「俵締機」などの新製品を開発し業績を伸ばした。取得した特許実用新案は200以上にのぼるという。その他川口コークス(株)、(株)寿屋を設立し会長となる。

社業のかたわら、川口鋳物工業協同組合理事長、川口工業健康保険組合理事長を務め、地元経済界の重鎮として活動するとともに、日本鋳物工業会会長、埼玉県経営者協会会長等も歴任した。一方で1925年の川口町会議員当選を振り出しに政界入りし、埼玉県議、川口市議、同市議会議長を経て、1947年第1回参議院議員通常選挙日本自由党から埼玉県選挙区にて立候補し当選を果たす。以後連続当選3回。

1948年第2次吉田内閣にて商工政務次官に就任、また参院建設、予算、社会労働の各委員長を歴任する。1955年第3次鳩山内閣にて厚生大臣として入閣。国民年金・国民皆保険の導入に尽力する。また在任中に『厚生白書』の公刊が始まっている。1964年自由民主党両院議員総会長。1965年政界を引退。

1972年11月7日、脳出血のため死去。享年79。

親分肌で、良くも悪くも個性的な人物と評された。さいたま市の邸宅は国の登録有形文化財に登録され、現在は孫の小林玖仁男により「会席料理 二木屋」を営業している。

関連文献[編集]

  • 随筆集に『がき大将』(第一出版、1961年)がある。題材はマスコミ世論の正しいあり方から犬の喧嘩、岸惠子の髪型に至るまで幅広い。