永田良雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永田良雄
ながた よしお
生年月日 1931年5月5日
出生地 富山県新湊市
没年月日 (1998-08-22) 1998年8月22日(67歳没)
死没地 神奈川県横浜市
出身校 東京大学法学部
前職 国土事務次官
所属政党 自由民主党
配偶者

日本の旗 参議院議員
選挙区 富山県選挙区
当選回数 3回
在任期間 1986年7月8日 - 1998年8月22日
テンプレートを表示

永田 良雄(ながた よしお、1931年5月5日 - 1998年8月22日)は日本の政治家官僚参議院議員(3期)。位階は正四位。勲等は勲二等小渕派に所属した。

学歴[編集]

富山県新湊市生まれ。富山県立射水中学校富山高等学校を経て、東京大学法学部入学。在学中に司法試験合格[1]

1954年、大学卒業後、建設省入省[1]熊本県に3年、日本道路公団に4年、茨城県に5年勤務[1]。1982年、建設省計画局長に就任[2]。その後、国土庁に移り、土地局長、官房長を務める。1985年、国土事務次官に就任。

1986年、国土庁を退官。同年7月6日第14回参議院議員通常選挙富山県選挙区に同年6月28日に死去した沖外夫の後継候補として立候補し、初当選[1]。1992年の第16回参議院議員通常選挙再選。1998年7月12日、第18回参議院議員通常選挙当選。同年7月、参議院自民党国会対策委員長に就任[2]

1998年8月、参議院議員在職中に昭和大学藤が丘病院において脳梗塞で死去[1]。同日、新湊市名誉市民に決定(後に射水市名誉市民に引継ぎ)。同年9月1日、次点で民主党谷林正昭が繰り上げ当選した。同年9月6日、綿貫民輔自民党富山県連会長が葬儀委員長を務め、告別式が行われた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]


議会
先代:
合馬敬
日本の旗 参議院建設委員長
1995年 - 1996年
次代:
鴻池祥肇
先代:
吉川博
日本の旗 参議院農林水産委員長
1991年 - 1992年
次代:
吉川芳男