小川勝也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小川 勝也
おがわ かつや
生年月日 (1963-07-07) 1963年7月7日(54歳)
出生地 日本の旗 北海道上川郡和寒町西町
出身校 日本大学法学部
前職 鳩山邦夫衆議院議員秘書
所属政党 新進党→)
旧民主党→)
民主党→)
民進党前原グループ
称号 法学士
公式サイト 小川勝也参議院議員オフィシャルウェブサイト

選挙区 北海道選挙区
当選回数 4回
在任期間 1995年7月23日 - 現職
テンプレートを表示

小川 勝也(おがわ かつや、1963年7月7日 - )は、日本政治家参議院議員(4期)。

防衛副大臣菅第2次改造内閣)、内閣総理大臣補佐官鳩山由紀夫内閣)、参議院農林水産委員長総務委員長国家基本政策委員長等を務めた。

来歴[編集]

北海道上川郡和寒町西町出身[1]。実家は鉄工所。和寒町立和寒小学校、和寒町立和寒中学校卒業[2]北海道旭川北高等学校日本大学法学部卒業。日大在学中は新聞奨学生だった。大学卒業後、鳩山邦夫衆議院議員の秘書を経て、1995年新進党公認で第17回参議院議員通常選挙北海道選挙区(定数2)から出馬し、初当選。1996年12月、新進党を離党し旧民主党に入党。2001年第19回参議院議員通常選挙には民主党公認で出馬し、再選。2007年7月の第21回参議院議員通常選挙では民主党への追い風に乗り、自由民主党伊達忠一が獲得した票を上回り、得票数トップで3選。

2009年9月、鳩山由紀夫内閣内閣総理大臣補佐官(農山漁村地域活性化担当)に任命され、2010年5月の鳩山内閣総辞職まで務める。2011年1月、菅第2次改造内閣では防衛副大臣に任命された。同年9月、野田内閣発足に伴い防衛副大臣を退任し、参議院農林水産委員長に就任した。2013年7月の第23回参議院議員通常選挙では民主党への逆風の中、自民党の伊達忠一に次ぐ得票数2位で4選。2015年民主党代表選挙では元代表岡田克也の推薦人に名を連ね[3]、岡田が党代表に選出された[4]

2017年11月2日、千代田区麹町参議院議員宿舎に住む自身の21歳の長男がわいせつ行為目的の暴行容疑により逮捕される[5]。これを受けて同日、民進党に離党届を提出した[6]。なお自身の参議院議員辞職については否定している[7]。民進党執行部は離党届の扱いを保留し、長男の刑事処分の確定後に対応することとした[8]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

人物[編集]

  • 国会議員サッカーチーム所属。
  • 趣味は読書、野菜づくり、囲碁。柔道初段。

脚注[編集]

  1. ^ 小川栄子さんが死去 小川勝也参院議員の母日本経済新聞 2015/9/5付
  2. ^ 公式サイト プロフィール
  3. ^ “民主代表選候補の推薦人名簿”. 時事通信社. (2015年1月7日). オリジナル2015年1月7日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20150107162414/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700415&g=pol 2015年1月8日閲覧。 
  4. ^ “民主代表選:新代表に岡田氏 挙党態勢を重視”. 毎日新聞. (2015年1月18日). オリジナル2015年1月18日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20150118162014/http://mainichi.jp/select/news/20150118k0000e010143000c.html 2015年1月18日閲覧。 
  5. ^ “民進・小川勝也参院幹事長の長男逮捕 女子小学生つかみ転倒させた疑い「低学年女児に興味あった」”. 産経新聞. (2017年11月2日). http://www.sankei.com/affairs/news/171102/afr1711020031-n1.html 2017年11月30日閲覧。 
  6. ^ “民進・小川参院幹事長が離党届”. 時事通信. (2017年11月2日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110200643&g=pol 2017年11月30日閲覧。 
  7. ^ 民進党の大塚耕平代表は小川勝也参院幹事長の離党届を保留
  8. ^ 「連携していかなければいけない」立憲民主党と国会運営について 小川参院会長 民進党 2017年11月7日
  9. ^ 巨大官庁生む省庁再編法成立/小川勝也、伊藤基隆参院議員が反対討論 民主党 1998年6月9日
  10. ^ 第145回国会 1999年8月9日 投票結果 参議院
  11. ^ ダイオキシン法案骨子で民主、自民、公明が合意 民主党 1999年5月14日
  12. ^ 小川議員、調査検討委報告原案踏まえ農水相辞任迫る 江田五月ホームページ 2002年3月26日
  13. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会(2009年3月7日時点のアーカイブ
  14. ^ a b c d “2013参院選 選挙区 北海道 小川勝也”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html?mid=B01000001001 2014年4月7日閲覧。 
  15. ^ 第169回国会法務委員会請願3650号
  16. ^ 理事・会員リスト・会員ホームページ パチンコチェーンストア協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
長浜博行
日本の旗 参議院国家基本政策委員長
2014年 - 2016年
次代:
北澤俊美
先代:
主濱了
日本の旗 参議院農林水産委員長
2011年 - 2012年
次代:
中谷智司
先代:
竹村泰子
日本の旗 参議院総務委員長
1999年 - 2000年
次代:
岡崎トミ子
公職
先代:
安住淳
日本の旗 防衛副大臣
2011年
次代:
渡辺周
党職
先代:
小川敏夫
民進党参議院幹事長
第2代:2016年 - 2017年
次代:
羽田雄一郎