北修二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北 修二(きた しゅうじ、1925年2月28日 - 2007年5月25日)は、日本の政治家北海道沖縄開発庁長官自民党参議院議員北海道出身。農民運動を展開した。

家族[編集]

父は戦前・戦後を通じ通算4期衆議院議員を務めた北勝太郎、兄は衆議院議員を務めた北二郎。弟は奈井江町長を務めている北良治

経歴[編集]

空知農業学校卒。25歳で奈井江町議に初当選し、1967年に奈井江農協(現・新砂川農協(JA新すながわ))組合長。北海道農協中央会(JA北海道中央会)副会長などを経て1977年の参議院選北海道選挙区でトップで初当選。連続3回当選。1981年北海道開発政務次官。1984年参議院農林水産委員長。1990年鳩山由紀夫北海道知事候補に目論むが失敗。自民党道連会長を辞任。自民党参議院政審会長を務めた後、1992年12月、宮澤改造内閣の北海道・沖縄開発庁長官として初入閣。1995年に政界引退。同年勲一等瑞宝章受章。

2007年5月25日、腎不全のため札幌市中央区の病院で死去。82歳没。

受賞歴[編集]

勲一等瑞宝章(1995年)

参考文献[編集]


公職
先代:
伊江朝雄
日本の旗 沖縄開発庁長官
1992年 - 1993年
次代:
上原康助