北修二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北 修二
きた しゅうじ
生年月日 1925年2月28日
出生地 日本の旗 北海道空知郡奈井江村
没年月日 (2007-05-25) 2007年5月25日(82歳没)
死没地 日本の旗 札幌市中央区
出身校 空知農業学校
所属政党 自由民主党
称号 勲一等瑞宝章
親族 北勝太郎(父)
北二郎(兄)
北良治(弟)

内閣 宮澤改造内閣
在任期間 1992年12月12日 - 1993年8月9日

選挙区 北海道選挙区
当選回数 3回
在任期間 1977年7月11日 - 1995年7月22日
テンプレートを表示

北 修二(きた しゅうじ、1925年2月28日 - 2007年5月25日)は、日本の政治家北海道沖縄開発庁長官自民党参議院議員北海道空知郡奈井江村[1]出身。農民運動を展開した。

家族[編集]

父は戦前・戦後を通じ通算4期衆議院議員を務めた北勝太郎、兄は衆議院議員を務めた北二郎。弟は奈井江町長を務めた北良治

経歴[編集]

空知農業学校卒業。1951年に25歳で奈井江町議に初当選し、1967年に奈井江農協(現・新砂川農協(JA新すながわ))組合長。北海道農協中央会(JA北海道中央会)副会長、北海道テレビ放送番組審議会委員[2]などを経て1977年の参議院選北海道選挙区でトップで初当選。連続3回当選。1981年北海道開発政務次官。1984年参議院農林水産委員長。1990年鳩山由紀夫北海道知事候補に目論むが失敗。自民党道連会長を辞任。自民党参議院政審会長を務めた後、1992年12月、宮澤改造内閣の北海道・沖縄開発庁長官として初入閣。1995年に政界引退。同年勲一等瑞宝章受章[3]

2007年5月25日、腎不全のため札幌市中央区の病院で死去。82歳没。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『奈井江町百年史 上巻』奈井江町、1990年、259頁
  2. ^ 『この10年(「番組審議会委員」のページ)』北海道テレビ放送、1978年11月。
  3. ^ 『現代政治家人名事典』日外アソシエーツ編集・発行、1999年
公職
先代:
伊江朝雄
日本の旗 沖縄開発庁長官
第27代:1992年 - 1993年
次代:
上原康助
先代:
伊江朝雄
日本の旗 北海道開発庁長官
第58代:1992年 - 1993年
次代:
上原康助
議会
先代:
谷川寛三
日本の旗 参議院農林水産委員長
1984年 - 1985年
次代:
成相善十