福田宏一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福田 宏一(ふくだ ひろいち、1914年(大正3年)1月23日 - 1999年(平成11年)3月18日)は、日本の政治家参議院議員(2期)。福田赳夫内閣総理大臣の実弟。福田康夫元内閣総理大臣の叔父。小倉クラッチ監査役。アントニオ猪木格闘技後援会会長を務めた。

上州戦争下では、清和政策研究会候補として、群馬県選挙区中曽根派最上進中曽根弘文らと激しい代理戦争を繰り広げた。

略歴[編集]

群馬県群馬郡(現・高崎市)出身。群馬県立渋川高等学校を卒業。

1980年(昭和55年)6月23日第12回参議院議員通常選挙で初当選し、1986年(昭和61年)7月6日第14回参議院議員通常選挙2度目の当選をする。1992年(平成4年)、政界を引退上野公成が後継者となった。秋の叙勲で勲二等瑞宝章受章する。

1999年(平成11年)3月18日、死去。叙・正四位

国会・内閣での主な役職[編集]


議会
先代:
岡部三郎
日本の旗 参議院農林水産委員長
1988年 - 1989年
次代:
仲川幸男