角田義一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
角田 義一
つのだ きいち
生年月日 1937年6月9日(79歳)
出生地 群馬県
出身校 京都大学法学部
所属政党 日本社会党→)
社会民主党→)
民主党
称号 旭日大綬章
親族

在任期間 2004年7月30日 - 2007年1月30日

選挙区 群馬県選挙区
当選回数 3回
在任期間 1989年7月23日 - 2007年7月28日
テンプレートを表示

角田 義一(つのだ ぎいち、1937年6月9日 - )は、日本政治家弁護士参議院議員(3期)、群馬県議会議員(3期)を務めた。「『記憶 反省 そして友好』の追悼碑を守る会」共同代表[1]

来歴[編集]

群馬県出身。弁護士角田儀平治の子。群馬県立前橋高等学校から京都大学法学部に進み、1962年卒業。同年司法試験合格。司法修習を経て父同様弁護士となる。

1973年統一地方選挙群馬県議会議員選挙に日本社会党公認で立候補し初当選。県議会では「県情報公開条例」の制定や「県央処理場設置問題」の調停などに取り組む。県議3期目の1983年7月、第13回参議院議員通常選挙群馬県選挙区から日本社会党公認で立候補するも落選。1984年には群馬県知事選挙に日本社会党推薦・無所属で立候補するも落選。更に1986年第14回参議院議員通常選挙に日本社会党公認で再び立候補するも落選。

1989年第15回参議院議員通常選挙に三たび立候補し初当選。参議院予算委員会理事、議院運営委員会理事、党総務局長などを歴任した。1994年村山富市内閣で法務政務次官を務めた。1995年第17回参議院議員通常選挙に日本社会党公認で立候補し再選。社会民主党を経て、1998年民主党結党に参加し、民主党群馬県連会長となる。2000年には参議院民主党・新緑風会幹事長に就任。2001年には第19回参議院議員通常選挙に民主党公認で立候補し3選、民主党参議院議員会長となった。

2004年参議院副議長に就任した。

2007年7月、第21回参議院議員通常選挙には立候補せず、政界引退。民主党は角田の後継公認候補を擁立せず、国民新党福田晃治を推薦したが、改選数が2から1に減らされていたため、自民党山本一太に大差で敗れた。現在は地元で弁護士活動を続けている。

2009年4月29日、旭日大綬章を受章した。

政策・主張[編集]

「記憶 反省 そして友好」の碑(高崎市群馬の森

不祥事[編集]

国民年金未納問題[編集]

2004年に政治家の年金未納問題がクローズアップされた際、党内調査により7年11ヶ月間の国民年金の未納が発覚した[3]

闇献金疑惑と参院副議長辞任[編集]

2007年1月、2001年の第19回参議院議員通常選挙の際、角田の選挙対策本部は個人・企業・団体からの献金の一部を政治資金収支報告書に記載していなかったとの疑惑が報じられた。角田の選挙対策本部が作ったとされる会計帳簿が流出、同帳簿には個人や企業・団体から「陣中見舞い」等の名目で総額2517万円の入金があったと記されていた。しかし、角田の政治団体や当時角田が会長をつとめていた民主党群馬県連の政治資金収支報告書等にはこの入金が記載されていなかったため、角田に対する闇献金があったのではないかとの疑惑が浮上した。

更に、朝鮮総連系の商工会や不動産会社、パチンコ業者から計160万円の入金があったとの記載もあり、政治資金規正法によって禁止されている外国人からの献金を受けていた疑いも持たれるに至った[4]が、当時の角田事務所の会計責任者は「会計帳簿が見当たらない。事実関係を確認するすべがない」と述べ、角田本人も「私は金の出入りは知らない」と説明。不正献金疑惑に対して肯定も否定もしないという釈然としない対応に終始した。

流出した帳簿の真偽についても言を左右にし、紛失した本物なのか偽物なのか調査もしないという不可解な態度をとる一方で、疑惑を放置したまま参議院副議長の職に留まる意向を示したため、与野党から批判を浴びるに至った。結局角田は疑惑については釈明せぬまま、「参議院副議長の職に留まることは国会全体の運営に影響する」との理由から参議院副議長を辞任した。角田の副議長辞任後は疑惑そのものも事実がはっきりせぬまま終わった。

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第13回参議院議員通常選挙 1983年6月26日 群馬県選挙区 日本社会党 259,896 29.8 3/4 - -
第14回参議院議員通常選挙 1986年7月6日 群馬県選挙区 日本社会党 302,159 28.6 3/4 - -
第15回参議院議員通常選挙 1989年7月23日 群馬県選挙区 日本社会党 442,897 44.9 1/7 - -
第17回参議院議員通常選挙 1995年7月26日 群馬県選挙区 日本社会党 214,713 27.3 2/14 - -
第19回参議院議員通常選挙 2001年7月29日 群馬県選挙区 民主党 250,203 27.8 2/5 - -
当選回数3回 (参議院議員3)

脚注[編集]

関連項目[編集]

議会
先代:
本岡昭次
日本の旗 参議院副議長
第25代:2004年 - 2007年
次代:
今泉昭
先代:
江田五月
本岡昭次
日本の旗 参議院国家基本政策委員長
2003年 - 2004年
2001年
次代:
藁科満治
広中和歌子
党職
先代:
久保亘
民主党参院議員会長
2001年 - 2003年
次代:
江田五月