角田義一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
角田 義一
つのだ きいち
生年月日 (1937-06-09) 1937年6月9日(84歳)
出生地 群馬県
出身校 京都大学法学部
前職 参議院議員
現職 弁護士
立憲民主党群馬県総支部連合会(群馬県連)最高顧問
所属政党日本社会党→)
社会民主党→)
旧民主党→)
民主党→)
民進党→)
旧立憲民主党→)
立憲民主党
称号 旭日大綬章

在任期間 2004年7月30日 - 2007年1月30日

選挙区 群馬県選挙区
当選回数 3回
在任期間 1989年7月23日 - 2007年7月28日

当選回数 3回
在任期間 1973年 - 1983年
テンプレートを表示

角田 義一(つのだ ぎいち、1937年6月9日 - )は、日本の旧社会党出身の政治家弁護士。複数の政党を渡り歩きながら参議院議員(3期)、参議院副議長(第25代)を務めた。

来歴[編集]

群馬県出身。弁護士角田儀平治の子。群馬県立前橋高等学校から京都大学法学部に進み、1962年卒業。同年司法試験合格。司法修習を経て父同様弁護士となる。

1973年群馬県議会議員選挙に日本社会党公認で立候補し初当選。県議会では「県情報公開条例」の制定や「県央処理場設置問題」の調停などに取り組む。県議3期目の1983年6月、第13回参議院議員通常選挙群馬県選挙区から日本社会党公認で立候補するも落選。1984年には群馬県知事選挙に日本社会党推薦・無所属で立候補するも落選。更に1986年第14回参議院議員通常選挙に日本社会党公認で再び立候補するも落選。

1989年第15回参議院議員通常選挙に三たび立候補し初当選。参議院予算委員会理事、議院運営委員会理事、党総務局長などを歴任した。1994年村山内閣で法務政務次官を務めた。1995年第17回参議院議員通常選挙に日本社会党公認で立候補し再選。

1997年6月19日、社会民主党を離党[1]。同日に旧民主党に入党した[1]

同年6月22日、旧民主党の群馬県支部である「民主党群馬」[2]中島政希が民主党群馬の代表を退任し、角田が新代表に就任した[3]

1998年、(新)民主党の結成に参加。民主党群馬県連では会長となった。

2000年には参議院民主党・新緑風会幹事長に就任。

2001年には第19回参議院議員通常選挙に民主党公認で立候補し3選、民主党参議院議員会長となった。

2004年、参議院副議長に就任した。

2006年6月28日、前橋市内で記者会見を開き、次期参院選には出馬せず国政を引退する意向を正式に表明した[4]

2007年1月、角田の闇献金疑惑が浮上し[5]、1月26日に参議院副議長職の辞任願を扇千景参議院議長に提出[6]。1月30日に副議長を辞任(詳細は#闇献金疑惑と参院副議長辞任を参照)[7]

同年7月、第21回参議院議員通常選挙には立候補せず、国政を引退。民主党は角田の後継公認候補を擁立せず[注 1]国民新党福田晃治を推薦したが、改選数が2から1に減らされていたため、自民党山本一太に大差で敗れた。国政引退後は地元で弁護士活動を続けている。

2009年4月29日、旭日大綬章を受章した。

2016年12月に北朝鮮の下部組織の金剛山歌劇団の2016年千秋楽が行われた群馬県高崎市での公演を弁護士として観賞した後に、団員の在日朝鮮人(在日韓国人ではない)らに最後に『熱い一言』を与えて鼓舞した[9]

2017年9月28日の民進党両院議員総会希望の党への事実上の合流方針が了承されたことを受け、9月30日夜に宮崎岳志が前橋市内で開催した宮崎の支持者向けの緊急集会に民進党群馬県総支部常任顧問として参加し、希望の党代表の小池百合子東京都知事を「緑のタヌキの下で党がまとまるのか」などと批判する持論を展開した[10]。角田はこの集会で「私は殺されても希望の党には行かない!」「タヌキは戦争大賛成」などと希望の党や小池百合子への激しい批判を繰り返した[11][12]

2018年2月、旧・立憲民主党に参加するために民進党群馬県総支部に離党届を提出[13]。同年4月15日に旧・立憲民主党群馬県連の最高顧問に就任した[14]。2020年10月4日、新・立憲民主党の群馬県総支部連合会(群馬県連)が設立され、角田は同党群馬県連でも最高顧問に就任した[15]

政策・主張・人物[編集]

  • 国会では白髪を振り乱し論戦を挑む姿から「ホワイトタイガー」の異名で呼ばれた。
  • 1999年国旗及び国歌に関する法律案の参議院本会議における採決で反対票を投じた[16]
  • 2005年1月の参議院本会議で、副議長として「散会」と言うべきところ「解散」と言い間違えたことがある(参議院には解散はない)[17]
  • 民主党群馬県連内では2006年以降、角田を筆頭とする県連内旧社会党系グループと石関貴史衆院議員を筆頭とする県連内保守系グループの間で内部対立が続いた[18]
  • 群馬県高崎市の群馬の森公園にある朝鮮人労働者追悼碑を守る会共同代表[19]2014年4月、群馬県に対して、この碑を公園から撤去すれば国際問題になる、と強硬に申し入れをした[19][注 2]
  • 2016年12月に北朝鮮の下部組織の群馬県高崎市での公演に団員の在日朝鮮人を応援しに行くなど親北の思想を持っている[22]
  • 妻の寿(とし)は京都大学時代に下宿していた大家の娘で、同志社大学を卒業して京都高島屋で初の外国人通訳として勤務していた(2017年死去)
  • 2017年の民進党希望の党の合流劇を「(希望への合流は)民進党を支えてきた人に対する最大の背信行為だ」などと批判した[23][24]
  • 中核派が繰り広げた渋谷暴動事件で警察官1人を殺害したとして1987年に無期懲役が確定した星野服役囚[25]仮釈放を求めて同氏への支援を続けてきた(星野は2019年に死去)[26][27]

不祥事[編集]

国民年金未納問題[編集]

2004年に政治家の年金未納問題がクローズアップされた際、党内調査により7年11ヶ月間の国民年金の未納が発覚した[28]

闇献金疑惑と参院副議長辞任[編集]

2007年1月16日頃から、2001年参院選挙において角田の選挙対策本部が政治資金収支報告書に記載しなかった個人・企業・団体からの献金が約2517万円に上るとの疑惑が報道され始めた[29]。角田の選対本部が作ったとされる内部帳簿がマスコミ各社に流出[30]。同帳簿には個人や企業・団体から「陣中見舞い」等の名目で総額約2517万円の収入があったと記されていた[31]。しかし、角田の政治団体や当時角田が会長を務めていた民主党群馬県連の政治資金収支報告書等にはこれらの収入が記載されておらず、資金が裏金化された疑いがあった[32]。さらに、朝鮮総連系の商工会(150万円)やパチンコ業者(10万円)から計160万円の献金があったとの記載もあり、政治資金規正法によって禁止されている外国人からの献金を受けていた疑いも持たれるに至った[33]

流出した内部帳簿に記載された種々の献金が事実であることを示唆する関係者らの証言も存在した[注 3]

1月18日、群馬県連関係者が新聞の取材に対して、民主党群馬県連は全国的にみても旧社会党の時代から朝鮮総連との関係が深かったことを指摘した[39]

2001年当時の民主党群馬県連の事務局長で選対本部の会計責任者でもあった人物が1月22日の会見で、記載漏れの有無については当時の資料が保存されておらず分からないなどと述べた[40][注 4]。角田本人は翌23日の会見で、陣中見舞いの処理は県連に全て任せており自分は関与していなかったため「それ以上のことは答えられない」と述べ、副議長職に留まる意向を示した[42][注 5]。民主党内では疑惑に対する十分な説明がなされていないとの意見が根強く、副議長辞任は不可避の情勢となった[47]

1月26日、扇千景参議院議長に副議長職の辞任願を提出[6]。同日の記者会見で、参議院副議長の職に留まることは国会全体の運営に影響すると辞任理由を述べた[6][注 6]。1月30日、辞任願が許可され副議長職を辞任[7][注 7][注 8]

副議長辞任後も、角田や群馬県連から明確な説明が行われることはなかったが、党本部は4月24日に角田を厳重注意処分とすることで問題の幕引きを行った[55][注 9]

選挙歴[編集]

当落 選挙 執行日 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第13回参議院議員通常選挙 1983年6月26日 群馬県選挙区 日本社会党 25万9896票 29.81% 2 3/4 /
第14回参議院議員通常選挙 1986年7月6日 群馬県選挙区 日本社会党 30万2159票 28.55% 2 3/4 /
第15回参議院議員通常選挙 1989年7月23日 群馬県選挙区 日本社会党 44万2897票 44.94% 2 1/7 /
第17回参議院議員通常選挙 1995年7月23日 群馬県選挙区 日本社会党 21万4713票 27.26% 2 2/4 /
第19回参議院議員通常選挙 2001年7月29日 群馬県選挙区 民主党 25万203票 27.82% 2 2/5 /

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 民主党本部は角田の闇献金疑惑の発覚により群馬県選挙区での独自候補擁立を断念した[8]。角田や民主党群馬県連は角田の秘書である長沼広・県連最高執行役員会議事務局長(群馬3区で出馬経験あり)の擁立を模索していた[8]
  2. ^ 守る会は2014年11月13日に群馬県知事を相手取り行政訴訟を起こし、角田は守る会側の弁護団長を務めている[20][21]
  3. ^ 当時の県連関係者は取材に対して県連幹部の指示で内部帳簿を作成したと語り、献金の事実を認めた[34]。献金は県連幹部の指示で金庫に入れ、県連の通帳には入金せず、様々な支払いに使われたと語った[35]。朝鮮総連関連の献金については、県連幹部から朝鮮総連系の商工会からの献金だと150万円を渡され、幹部の指示で50万円と100万円に分けて帳簿に記載したと述べた[36]。内部帳簿に記載された個人献金者のうち数十人は取材に対して、献金の事実を認めた[37]。内部帳簿に記載された団体の一部も献金を渡したことや県連から領収書を受け取ったことを認めた[38]
  4. ^ この会計責任者は、「陣中見舞い」の窓口であった群馬県連の収支報告書(2001年分)に5万を超える企業・団体献金が一件も記載されていなかった点については「どうしてなのか分からない」と述べるに留めた[41]
  5. ^ 前日に当時の会計責任者は会見で当時陣中見舞いについて角田に「報告はしていたと思う」と述べたが、角田は陣中見舞いの説明を受けた覚えはないと述べ、両者の発言に食い違いも見られた[42]。群馬県連関係者は、角田が寄付について何も報告を受けなかったとは考えにくいとの見解を示した[43]。会見に対して、公明党斉藤鉄夫政調会長は「自分は一切知らないから責任はない」という論法は通用しないと批判[44]。社民党の福島瑞穂党首も「説明責任を十分尽くしているとは思わない」と批判した[45]日本共産党群馬県委員会は、疑惑が事実であれが副議長および参院議員を辞職すべきと角田の前橋事務所に申し入れた[46]
  6. ^ 角田は会見を10分余りで一方的に打ち切り、記者の質問には応じなかった[48]自民党中川秀直幹事長は北朝鮮系の団体からの献金疑惑があることから「わが国の外交政策上、重大な懸念がある」との談話は発表した[49]。公明党の漆原良夫国対委員長は「疑惑の解明はゼロだ」と批判した[49]。朝日新聞は社説で、疑惑をきちんと説明せずに副議長職に留まろうとした角田は政治家としての晩節を汚したと論じた[50]
  7. ^ 新たな副議長には民主党の参議院幹事長だった今泉昭が選出された[7]。2月6日、北朝鮮による拉致被害者と家族の支援組織「救う会・群馬」がホームページに角田への抗議文を掲載した[51]。救う会は抗議文で「疑惑に明確に答えてほしい」と訴えた[51]
  8. ^ 読売新聞社は流出した内部帳簿の献金を裏付ける会計資料(入出金伝票、領収書控え、全収支を記載した会計帳簿のコピー等)を独自に入手し、群馬県連最高執行役員会議事務局長・長沼広(群馬3区で出馬経験あり)に確認を求めた[52]。長沼は3月5日に会見を開いて会計資料を公表し、当時の経理担当者が「自分が書いたものもある」と認め、異なった資料間で整合性が取れていることを明かしたが、会計資料の真贋は断定できないと述べた[53]。3月16日、民主党の鳩山由紀夫幹事長は記者会見で同月5日に長沼が公表した会計資料について角田や群馬県連から党本部に報告がされていないとして不信感を示した[54]
  9. ^ 党内からはこの処分では甘すぎるとの声も挙がった[56]

出典[編集]

  1. ^ a b “田辺元委員長が社民党を離党”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 4 政治面. (1997年6月20日) 
  2. ^ “新制度96総選挙 「民主党群馬」発足 県選管に準備委が届け出”. 毎日新聞 地方版/群馬 (毎日新聞社). (1996年10月2日) 
  3. ^ “民主党群馬が旗揚げ 年内1000党員獲得へ 新代表に角田氏”. 朝日新聞 地方版/群馬 (朝日新聞社). (1997年6月23日) 
  4. ^ “次期参院選 角田・参院副議長、不出馬を正式に表明”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 35 地方版(群馬). (2006年6月29日) 
  5. ^ 複数の出典:
    • “献金不記載 与党「角田氏に説明責任」 小沢・民主代表「後日対応する」”. 読売新聞夕刊: p. 2. (2007年1月16日) 
    • “角田参院副議長 陣営、寄付2517万円「裏金処理」 01年参院選”. 毎日新聞夕刊: p. 1 政治面. (2007年1月16日) 
    • “寄付2500万円不記載? 角田参院副議長、禁止団体からも”. 朝日新聞: p. 34 社会面. (2007年1月19日) 
  6. ^ a b c “角田参院副議長が辞任”. 読売新聞: p. 1. (2007年1月27日) 
  7. ^ a b c “参院副議長に民主・今泉氏”. 読売新聞夕刊: p. 2. (2007年1月30日) 
  8. ^ a b “参院選挙区選 民主、独自候補断念 国民新党福田氏推薦へ”. 読売新聞: p. 31 地方版(群馬). (2007年2月17日) 
  9. ^ 金剛山歌劇団オフィシャルブログ「千秋楽!」より(2016-12-15閲覧)
  10. ^ “小池百合子氏は「緑のタヌキ」 元参議院副議長が反発”. 産経新聞. (2017年9月30日). https://www.sankei.com/politics/news/170930/plt1709300074-n1.html 
  11. ^ “混迷・2017衆院選:/下 「小池新党」で分裂 民進「悩ましい選挙」 揺れた候補予定者 /群馬”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年10月7日). https://mainichi.jp/articles/20171007/ddl/k10/010/038000c 2021年9月17日閲覧。 
  12. ^ “2017衆院選 3極のゆくえ(中) 前職2氏落選の1区・2区 「排除」希望の一転逆風”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 29 地方版(群馬). (2017年10月25日) 
  13. ^ “民進が立民入党予定3氏の離党届承認 群馬”. 産経新聞. (2017年2月20日). https://www.sankei.com/region/news/180220/rgn1802200025-n1.html 
  14. ^ “立憲民主党:参院選で統一候補を 県連合結党大会で枝野氏 /群馬”. 毎日新聞. (2018年4月17日). https://mainichi.jp/articles/20180417/ddl/k10/010/079000c 
  15. ^ “群馬の新立憲県連旗揚げ 衆院選へ態勢づくり急ぐ”. 朝日新聞. (2020年10月5日). https://www.asahi.com/articles/ASNB47D8GNB4UHNB00C.html?ref=goonews 2020年12月4日閲覧。 
  16. ^ 第145回国会 1999年8月9日 投票結果”. 参議院. 2015年1月11日閲覧。
  17. ^ 日本テレビ報道局政治部公式アカウント [@ntvseijibu]. "2021年10月12日 午後9:09(日本時間)の投稿" (ツイート). Twitterより2021年11月11日閲覧
  18. ^ “〈09総選挙〉政治的立場に開き 一から分かる、分裂状態の民主党 - 2009総選挙”. asahi.com 朝日ドットコム (朝日新聞社). (2009年7月17日). https://www.asahi.com/senkyo2009/localnews/TKY200907220188.html 2021年9月4日閲覧。 
  19. ^ a b “群馬の朝鮮人追悼碑を守る会、批判の中集会 「更新拒否なら国際問題」(全2ページ)”. 産経新聞. (2014年4月20日). オリジナルの2014年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140420032903/http://sankei.jp.msn.com/world/news/140420/kor14042008060004-n1.htm 
  20. ^ “追悼碑 処分取り消し提訴 守る会「県、妥協案聞かず」”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 33 地方版(群馬). (2014年11月14日) 
  21. ^ “設置不許可は「適法」 群馬の森追悼碑で東京高裁判決 市民団体が逆転敗訴”. 上毛新聞 (上毛新聞社). (2021年8月27日). https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/320935 2021年8月27日閲覧。 
  22. ^ 金剛山歌劇団オフィシャルブログ「千秋楽!」より(2016-12-15閲覧)
  23. ^ “衆院選2017 分裂と共闘(下) 希望出現で割れる野党”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 27 地方版(群馬). (2017年10月9日) 
  24. ^ “衆院選2017:歓迎、困惑、批判 解散、選挙戦へ 民進、迫られる選択 /群馬”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年9月29日). https://mainichi.jp/articles/20170929/ddl/k10/010/024000c 2021年9月17日閲覧。 
  25. ^ “無期と懲役13年 渋谷街頭闘争暴動二被告の上告棄却”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 23 社会面. (1987年7月19日) 
  26. ^ “元高経大生 星野受刑者が死亡 71年渋谷暴動事件で無期確定”. 上毛新聞 (上毛新聞社): p. 21 社会面. (2019年6月1日) 
  27. ^ 片岡伸行 (2019年4月1日). “渋谷暴動事件・星野受刑者の妻が仮釈放求め会見”. 週刊金曜日オンライン (株式会社金曜日). http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2019/04/01/antena-446/ 2021年8月9日閲覧。 
  28. ^ “党所属国会議員の国民年金保険料の納付状況について” (プレスリリース), 民主党メールマガジン, (2004年5月13日), http://archive.dpj.or.jp/sub_link/info_mailmag/bk_mailing/vol145.html 
  29. ^ 複数の出典:
    • “献金不記載 与党「角田氏に説明責任」 小沢・民主代表「後日対応する」”. 読売新聞夕刊: p. 2. (2007年1月16日) 
    • “角田参院副議長 陣営、寄付2517万円「裏金処理」 01年参院選”. 毎日新聞夕刊: p. 1 政治面. (2007年1月16日) 
  30. ^ 複数の出典:
    • “角田・参院副議長選対に総連系から献金か 内部帳簿に記載 規正法では禁止”. 読売新聞: p. 1. (2007年1月18日) 
    • “角田参院副議長 陣営、寄付2517万円「裏金処理」 01年参院選”. 毎日新聞夕刊: p. 1 政治面. (2007年1月16日) 
    • “寄付2500万円不記載? 角田参院副議長、禁止団体からも”. 朝日新聞: p. 34 社会面. (2007年1月19日) 
  31. ^ 複数の出典:
    • “関係者「分からない」 参院副議長角田氏の寄付金不記載疑惑”. 朝日新聞: p. 31 地方版(群馬). (2007年1月19日) 
    • “個人献金問題 角田議員の団体名で領収書 本人説明と矛盾”. 読売新聞: p. 39 社会面. (2007年1月21日) 
  32. ^ 複数の出典:
    • “寄付2500万円不記載? 角田参院副議長、禁止団体からも”. 朝日新聞: p. 34 社会面. (2007年1月19日) 
    • “角田参院副議長 陣営、寄付2517万円「裏金処理」 01年参院選”. 毎日新聞夕刊: p. 1 政治面. (2007年1月16日) 
  33. ^ 複数の出典:
    • “角田・参院副議長選対に総連系から献金か 内部帳簿に記載 規正法では禁止”. 読売新聞: p. 1. (2007年1月18日) 
    • “寄付2500万円不記載? 角田参院副議長、禁止団体からも”. 朝日新聞: p. 34 社会面. (2007年1月19日) 
    • “朝鮮商工会、献金を否定 角田参院副議長、献金不正処理?”. 朝日新聞: p. 31 地方版(群馬). (2007年1月20日) 
  34. ^ 複数の出典:
    • “時時刻刻 民主、攻勢へ早期決着 角田副議長辞任”. 朝日新聞: p. 2 総合面. (2007年1月27日) 
    • “角田参院副議長 陣営、寄付2517万円「裏金処理」 01年参院選”. 毎日新聞夕刊: p. 1 政治面. (2007年1月16日) 
    • “社説 参院副議長辞任 それでも疑惑は残ったままだ”. 読売新聞: p. 3. (2007年1月27日) 
  35. ^ 複数の出典:
    • “「潔い」「うやむや」 角田参院副議長が辞任、反応割れ”. 朝日新聞: p. 31 地方版(群馬). (2007年1月27日) 
    • “時時刻刻 民主、攻勢へ早期決着 角田副議長辞任”. 朝日新聞: p. 2 総合面. (2007年1月27日) 
  36. ^ 複数の出典:
    • “朝鮮商工会、献金を否定 角田参院副議長、献金不正処理?”. 朝日新聞: p. 31 地方版(群馬). (2007年1月20日) 
    • “角田・参院副議長選対に総連系から献金か 内部帳簿に記載 規正法では禁止”. 読売新聞: p. 1. (2007年1月18日) 
  37. ^ “個人献金問題 角田議員の団体名で領収書 本人説明と矛盾”. 読売新聞: p. 39 社会面. (2007年1月21日) 
  38. ^ 複数の出典:
    • “スキャナー 角田参院副議長辞任 国会冒頭で民主つまずく 執行部、決着急ぐ”. 読売新聞: p. 3. (2007年1月27日) 
    • “時時刻刻 民主、攻勢へ早期決着 角田副議長辞任”. 朝日新聞: p. 2 総合面. (2007年1月27日) 
    • “角田参院副議長・政治資金記載漏れ 角田氏が辞任 2500万円裏帳簿で引責”. 毎日新聞: p. 1 政治面. (2007年1月27日) 
  39. ^ “角田陣営献金疑惑 「総連は大切な団体」民主県連関係者が明かす”. 読売新聞: p. 33 地方版(群馬). (2007年1月19日) 
  40. ^ 複数の出典:
    • “角田氏陣営ヤミ献金、深まる疑惑 元会計責任者が会見 具体的説明なし”. 読売新聞: p. 35 地方版(群馬). (2007年1月23日) 
    • “県連元事務局長、不正献金を否定 角田参院副議長の問題”. 朝日新聞: p. 34 社会面. (2007年1月23日) 
    • “角田参院副議長・政治資金記載漏れ 角田選対の会計責任者「会計処理は適切」”. 毎日新聞: p. 31 社会面 12版. (2007年1月23日) 
  41. ^ “角田参院副議長・政治資金記載漏れ 「適正作成も深まる疑惑」”. 毎日新聞: p. 27 地方版(群馬). (2007年1月23日) 
  42. ^ a b 複数の出典:
    • “ヤミ献金問題 角田氏、関与を否定 民主県連から批判も”. 読売新聞: p. 35 地方版(群馬). (2007年1月24日) 
    • “「説明不足」批判の声 献金不正処理問題で角田氏会見”. 朝日新聞: p. 27 地方版(群馬). (2007年1月24日) 
  43. ^ “ヤミ献金問題 角田氏、関与を否定 民主県連から批判も”. 読売新聞: p. 35 地方版(群馬). (2007年1月24日) 
  44. ^ “角田氏、献金疑惑否定 「実態解明ほど遠い」民主党内外から批判強まる”. 読売新聞: p. 4 政治面. (2007年1月24日) 
  45. ^ “献金疑惑の角田氏「副議長辞さぬ」 民主にも不満の声”. 朝日新聞: p. 4 政治面. (2007年1月24日) 
  46. ^ 複数の出典:
    • “ヤミ献金問題 角田氏の辞職、共産が申し入れ”. 読売新聞: p. 29 地方版(群馬). (2007年1月26日) 
    • “角田氏は辞任を 共産党県委員会”. 上毛新聞: p. 1. (2007年1月26日) 
  47. ^ “献金問題 角田副議長の辞任不可避 民主執行部「自ら判断」迫る”. 読売新聞夕刊: p. 1. (2007年1月26日) 
  48. ^ 複数の出典:
    • “角田参院副議長の辞任会見 質問拒み10分で退場 「説明責任放棄」批判の声”. 読売新聞: p. 39 社会面. (2007年1月27日) 
    • “角田参院副議長・政治資金記載漏れ 角田氏辞任 「残念無念」 会見、わずか10分”. 毎日新聞: p. 31社会面. (2007年1月27日) 
  49. ^ a b “スキャナー 角田参院副議長辞任 国会冒頭で民主つまずく 執行部、決着急ぐ”. 読売新聞: p. 3. (2007年1月27日) 
  50. ^ “社説 角田氏辞任 今度は小沢氏に問いたい”. 朝日新聞: p. 3 総合面. (2007年1月27日) 
  51. ^ a b 複数の出典:
    • “角田参院副議長・政治資金記載漏れ 拉致被害者救う会・群馬、民主党に抗議文”. 毎日新聞: p. 23 地方版(群馬). (2007年2月10日) 
    • “総連系献金疑惑 角田氏と民主党に抗議 拉致家族支援団体”. 読売新聞: p. 31 地方版(群馬). (2007年2月10日) 
  52. ^ “角田・前参院副議長 総連系の献金裏付け 選対収支の詳細資料入手”. 読売新聞: p. 39 社会. (2007年3月3日) 
  53. ^ 複数の出典:
    • “角田氏の選対伝票公開 民主県連事務局長、献金問題「調査する」”. 読売新聞: p. 38 社会面. (2007年3月6日) 
    • “伝票の真偽「言えぬ」 民主県連の事務局長が資料公開 角田氏の献金問題”. 朝日新聞: p. 35 地方版(群馬). (2007年3月6日) 
  54. ^ “角田選対会計帳簿、党本部へ報告を 民主鳩山幹事長”. 読売新聞: p. 38 社会面. (2007年3月17日) 
  55. ^ 複数の出典:
    • “民主・角田氏の献金問題 疑惑解明なく幕引き(解説)”. 読売新聞: p. 4 政治面. (2007年4月25日) 
    • “政治資金不記載 民主、角田・中井氏に注意処分 「甘過ぎる」党内に不満”. 毎日新聞: p. 5 内政面. (2007年4月25日) 
  56. ^ 複数の出典:
    • “「政治とカネ」、民主軽い処分 3議員けじめ、党内から疑問”. 朝日新聞: p. 4 政治面. (2007年4月25日) 
    • “政治資金不記載 民主、角田・中井氏に注意処分 「甘過ぎる」党内に不満”. 毎日新聞: p. 5 内政面. (2007年4月25日) 

関連項目[編集]

議会
先代:
本岡昭次
日本の旗 参議院副議長
第25代:2004年 - 2007年
次代:
今泉昭
先代:
江田五月
本岡昭次
日本の旗 参議院国家基本政策委員長
2003年 - 2004年
2001年
次代:
藁科満治
広中和歌子
党職
先代:
久保亘
民主党参院議員会長
2001年 - 2003年
次代:
江田五月
先代:
足立良平
民主党参議院幹事長
2000年
次代:
北澤俊美