山本富雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
山本富雄
やまもと とみお
生年月日 1928年11月5日
出生地 群馬県吾妻郡草津町
没年月日 1995年3月16日(満66歳没)
出身校 旧制群馬県立高崎中学校
(現・群馬県立高崎高等学校
所属政党 自由民主党
親族 父・山本泰太郎
長男・山本一太

内閣 第2次海部内閣
任期 1990年2月28日 - 1990年12月29日

選挙区 群馬県選挙区
当選回数 3回
任期 1977年7月11日 - 1995年3月16日

選挙区 吾妻郡選挙区
当選回数 3回
任期 1966年 - 1977年6月17日

当選回数 3回
任期 1955年4月23日 - 1966年
テンプレートを表示

山本 富雄(やまもと とみお、1928年(昭和3年)11月5日 - 1995年(平成7年)3月16日)は、日本の政治家実業家。元参議院議員(当選3回)。旧制高崎中学(群馬県立高崎高等学校)卒。群馬県吾妻郡草津町出身。長男は参議院議員の山本一太

来歴・人物[編集]

山本泰太郎(元群馬県草津町長)の二男として生まれる。祖父から続く旅館を経営しながら、山田屋(現在のやまだや)を創業し、群馬県内屈指の優良企業に育て上げた。

その後政治を志し、1955年に26歳で草津町議会議員に当選(以後3期)。1966年に群馬県議会議員に当選(以後3期)。同郷の先輩である福田赳夫のアドバイスもあり、県議会議員としての経験を背景に国政を目指し、衆議院群馬3区から出馬しようとしたが、当時群馬3区には福田・中曽根康弘小渕恵三という有力議員が議席を保持しており、社会党の有力議員山口鶴男(のち書記長)もいることから調整によって参議院にまわされ、1977年第11回参議院議員通常選挙にて初当選。

国会議員としては福田→安倍→三塚派に所属し、福田の忠実な側近であった。農業政策に精通し、農水族のドンとして力を発揮し、新聞販売協会顧問を受けるなど新聞業界にも強い影響力を持った。1990年第2次海部内閣農林水産大臣に就任。課題の山積していた農業問題に大ナタをふるい、辣腕振りを発揮した。これらの実績が評価され、1993年、自民党参議院幹事長に就任。自民党参議院幹事長としては参議院で政治改革関連法案を否決させて自民党に有利な修正のきっかけを作ったことで、自民党参議院幹事長の地位が向上して自民党幹部会に出席できるようになった。

1995年3月16日、肝不全のため死去(後任の自民党参院幹事長は村上正邦)。享年66。3月20日に地元群馬県で葬儀が行われたが、朝にオウム真理教による地下鉄サリン事件が発生し、出席を予定していた閣僚が葬儀出席をキャンセルする事態になった。同年に行われた参院選に長男・一太が後継として群馬県選挙区から出馬し当選、地盤を守った。

スキーに造詣が深く、群馬県スキー連盟会長を長年務めるなど、日本スキー界の発展に尽力。選手団長、監督として国際大会に参加したこともある。

参考文献[編集]

  • 山本富雄先生を偲び、参議院議員山本一太君の大成を期す会「直滑降-生き続ける山本富雄の精神」(メモリード、1996年


議会
先代:
藤井裕久
日本の旗 参議院大蔵委員長
1985年 - 1986年
次代:
井上裕
公職
先代:
鹿野道彦
日本の旗 農林水産大臣
第15代:1990年
次代:
近藤元次
党職
先代:
自由民主党参議院幹事長
1993年 - 1995年
次代:
村上正邦