青柳秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青柳 秀夫(あおやぎ ひでお、1897年7月12日 - 1986年5月31日)は、日本の内務官僚政治家愛知県知事参議院議員を務めた。

生涯[編集]

群馬県前橋市出身。1922年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。同年、横浜正金銀行に入行し、後安田銀行に移った。1927年内務省に入省。北海道大阪府福岡県(部長・経済部長[1])、長野県などで勤務した。1947年3月、前知事桑原幹根公職追放を受けて官選最後の愛知県知事に就任。さらに同年4月から4年間、公選初の愛知県知事を務める。

退任後は名古屋競馬会社(現・愛知県競馬組合)社長に就任。1953年4月、第3回参議院議員通常選挙愛知地方区から出馬(自由党候補)し当選。その後、第5回第7回通常選挙でも当選し、参議院議員を3期18年務めた。1971年6月の第9回参議院議員通常選挙には出馬せず引退。この間、参議院外務委員長、同大蔵委員長、同公職選挙法改正に関する特別委員長、愛知県福利協会会長などを務めた。1971年、功労議員表彰を受けた。

1986年5月31日、脳出血のため88歳で死去。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4940号、昭和18年7月2日。

参考文献[編集]