鈴木礼治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 礼治
すずき れいじ
生年月日 (1928-12-04) 1928年12月4日
出生地 日本の旗 日本 三重県三重郡富田町
(現・四日市市
没年月日 (2022-08-15) 2022年8月15日(93歳没)
死没地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
出身校 名古屋大学経済学部
所属政党 無所属
称号 正四位
勲一等瑞宝章
愛知県名誉県民

愛知県の旗 公選第10-13代 愛知県知事
当選回数 4回
在任期間 1983年2月15日 - 1999年2月14日
テンプレートを表示

鈴木 礼治(鈴木 禮治[注 1][1]、すずき れいじ、1928年12月4日 - 2022年8月15日)は、日本政治家自治官僚。元愛知県知事(4期)。

来歴・人物[編集]

三重県三重郡富田町(現・四日市市)生まれ[2]三重県立桑名高等学校名古屋大学経済学部卒業。自治省に入省。愛知県教育長、同県副知事を歴任する。

1983年、愛知県知事選に与野党相乗り候補として立候補し初当選。

1988年10月11日の記者会見にて、愛知県で万国博覧会を開催する構想を公表し、以降愛知万博開催の中心人物として活動を続けた。

1991年、3期目の当選。

1994年5月29日、副知事の奥田信之が収賄の疑いで逮捕される[3]。奥田は「あいち健康の森公園」関連施設の建築工事など愛知県が発注する建築工事や、愛知芸術文化センターの追加工事契約の予算執行に関して、1991年10月と1992年2月の2回、大成建設名古屋支店の副支店長と営業第一部長から、県庁内副知事秘書室で計2,000万円のわいろを受け取った。鈴木は翌年2月に知事選を控えており「4選出馬は確実」と周囲から見られているときだったが、進退が問われることとなった。鈴木は6月17日付で奥田を解職。それとともに自身の監督責任を認め、知事の月給を3か月間半額減給する条例改正案を6月21日開会の定例議会に追加提案した[4]。11月18日、奥田は懲役2年6月、執行猶予3年、追徴金2,000万円の一審有罪判決を受けた[5]

同年11月30日、鈴木は4選出馬を表明[6]。1995年の知事選では自民・新進・社会・公明の推薦を受け4期目の当選を果たした。

奥西信行副知事が収賄罪で逮捕、起訴された愛知芸術文化センター事件に絡み、愛知芸術文化センターの追加工事を巡るゼネコンへの赤字補てん疑惑は住民訴訟に発展し、住民らは1994年12月、工事を請け負った「大成・大林・鹿島・清水・鴻池・戸田・矢作・小原・大井建設共同企業体」、奥田副知事、寺西学県議、当時県総務部長だった青山英次元副知事らに対し、総額約30億円を県に返還するよう求めた[7]。寺西は日高昇県議とともに大成建設が奥田に接近する際の橋渡し役を務めたとされる[8]。2003年7月18日にようやく和解が成立し、被告は計10億円を県に支払うことになった。JV(共同企業体)9社のうち大手6社が9億5,250万円を、地元3社が4,750万円を払った[9]

1998年8月4日、鈴木は5選不出馬を表明した。記者会見では「健康上の問題」を理由に挙げたが、同年7月に行われた参院選・愛知県選挙区で自民党候補2人[10]が共倒れしたことの衝撃が加わり「新しい時代は後進に」の思いを強めたともいわれる[11]。1999年2月の任期満了まで、16年4期に渡って知事を務めた。

知事在職中は、中部国際空港建設や第二東名名神高速道路の建設促進、岐阜・愛知地域への首都機能誘致など大型プロジェクトの推進に積極的であった。一方で、愛知県の情報公開度ランキングは全国都道府県でも最下位レベルであった[12]

知事退任後は日本赤十字社県支部長、県国際交流協会会長などを務めた[13]

2000年11月3日勲一等瑞宝章を受章[14]2011年12月3日名誉愛知県民章を受章。

2022年8月15日、老衰のため、名古屋市内の自宅で死去。93歳没[15][13]。死没日付をもって正四位に叙された[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「禮」の正式な表記は、左部の「示」を「ネ」にした「ネ豊」である。

出典[編集]

  1. ^ 愛知県名誉県民の候補者について”. 愛知県. 2022年6月14日閲覧。
  2. ^ 大橋洋一郎、中崎裕「中部空港15周年 鈴木元知事に聞く」 『中日新聞』2020年2月17日付朝刊、県内版、12面。
  3. ^ 『中日新聞』1994年5月30日付朝刊、1面、「奥田愛知県副知事を逮捕 大成建設から2000万円収賄 芸文センター環境整備工事 指名入札で便宜 贈賄側 名古屋支店2幹部も」。
  4. ^ 『中日新聞』1994年6月18日付朝刊、1面、「奥田副知事を解職」。
  5. ^ 『中日新聞』1994年11月18日付夕刊、1面、「奥田前副知事に有罪判決 愛知県公共工事汚職で名古屋地裁 2000万円わいろ認定 懲役2年6月猶予3年 芸文センター設計変更 赤字補てんを追認」。
  6. ^ 『中日新聞』1994年12月1日付朝刊、1面、「愛知県知事選 鈴木知事、4選出馬を表明 疑惑一掃 監察監を新設」。
  7. ^ 『中日新聞』2003年7月15日付朝刊、1面、「愛知芸文訴訟、和解へ ゼネコン・県元副知事らと住民側 被告側 問題支出 暗に認める」。
  8. ^ 『中日新聞』1994年7月15日付朝刊、31面、「愛知県副知事汚職事件初公判 自民有力県議介在 一瞬ざわめく廷内」。
  9. ^ 『中日新聞』2003年7月18日付夕刊、1面、「JV9社 愛知県に10億円返還 芸文センター訴訟 和解 赤字補てん疑惑 元副知事ら遺憾」。
  10. ^ 党県連会長で現職の大木浩と、元衆議院議員の浦野烋興
  11. ^ 『中日新聞』1998年8月4日付夕刊、1面、「『健康問題で無理と判断』 鈴木知事引退表明 後は若い人がいい」。
  12. ^ 情報公開度ランキング(全国市民オンブズマン連絡協議会2000年発表資料 PHP研究所「愛知県は知事が変わって一挙5位に躍進」のコメントあり
  13. ^ a b “鈴木礼治さん死去 元愛知県知事、93歳”. 中日新聞. (2022年8月22日). https://www.chunichi.co.jp/article/531155 2022年8月22日閲覧。 
  14. ^ 「2000年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、外国人、在日外国人の受章者一覧」『読売新聞』2000年11月3日朝刊
  15. ^ “元・愛知県知事の鈴木礼治さんが死去 愛知万博の開催や中部空港の開港に尽力 8月15日に老衰で 享年93”. CBCニュース. (2022年8月16日). https://newsdig.tbs.co.jp/articles/cbc/131493 2022年8月22日閲覧。 
  16. ^ 『官報』第823号10頁 令和4年9月22日

関連項目[編集]

公職
先代
仲谷義明
愛知県の旗 愛知県知事
1983年 - 1999年
次代
神田真秋