加藤正人 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤 正人(かとう まさと、1886年8月24日 - 1963年8月24日[1])は、群馬生まれの紡績家、実業家、財界人、経済人、経営者、政治家。大和紡績)社長、旧日経連(現経団連)代表常任理事、参議院議員を歴任した。

略歴[編集]

群馬の人。慶應義塾大学理財科を出たあとに鐘淵紡績入りし、錦華紡績大和紡績に所属した。紡績に通じ、日本紡績界の重鎮であったほか、昭和時代の財界の中心人物でもあった。日経連では1949年三鬼隆からバトンを受けて代表常任理事に就任。のちに櫻田武にバトンタッチした。1950年6月に行われた第2回参議院議員通常選挙に無所属で出馬し、初当選。1956年7月の第4回参議院議員通常選挙で再選された。

脚注[編集]

関連項目[編集]