佐藤泰介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 泰介
さとう たいすけ
生年月日 (1943-09-27) 1943年9月27日(75歳)
出生地 愛知県名古屋市
出身校 愛知教育大学教育学部社会科
所属政党日本社会党→)
旧民主党→)
民主党
称号 旭日重光章

選挙区 愛知県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1998年7月26日 - 2010年7月25日

選挙区 旧愛知1区
当選回数 2回
在任期間 1990年2月18日 - 1996年9月27日
テンプレートを表示

佐藤 泰介(さとう たいすけ、1943年9月27日 - )は、日本政治家

参議院議員(2期)、衆議院議員(2期)、文部政務次官村山改造内閣)、参議院内閣委員長総務委員長を歴任。

経歴[編集]

愛知県名古屋市出身。愛知県立旭丘高等学校卒業。高校時代は野球部に所属。愛知教育大学教育学部社会科卒業。1967年4月から小中学校教員を務める。1986年4月、愛知県教員組合(愛教組)執行委員長を務める。

1990年2月、第39回衆議院議員総選挙旧愛知1区から日本社会党公認で立候補し初当選。1993年に再選。同年、山花貞夫委員長を首班とする社会党シャドーキャビネット文相、1995年8月に村山改造内閣文部政務次官に就任。

1996年9月、旧民主党の結成に参加。同年10月の第41回衆議院議員総選挙愛知1区から同党公認で立候補するも落選。

連合愛知は1998年7月の第18回参議院議員通常選挙愛知県選挙区に向けて、佐藤を擁立。しかし組織内で「かつての社会党代議士は応援できない」という声が上がり、同年3月、当時新党友愛の幹事長だった伊藤英成衆議院議員を中心に、全トヨタ労連は元経団連職員の木俣佳丈の擁立も決めた[1][2]。参院選では佐藤も木俣も共に初当選し、自民党が立てた大木浩浦野烋興は票の食い合いにより落選した。

2004年7月、第20回参議院議員通常選挙で再選。

2007年8月、党財務委員長に就任。

2009年10月、党財務委員長に再任。同年7月、2010年第22回参議院議員通常選挙に出馬せず引退することを表明した。後継は斎藤嘉隆

2014年11月、旭日重光章受章。

政策・主張[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日新聞』1998年5月13日付朝刊、県内総合版、15面、「迫る夏の陣 参院選・愛知展望 (2) 二人の民主 確執...程遠い強調 頼みの労組票を奪い合い」。
  2. ^ 『新三河タイムス』1998年3月5日、1面、「新党友愛が木俣氏擁立 七月参院選愛知選挙区で独自に 伊藤幹事長ら臨戦態勢で動き」。