大城眞順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大城 眞順(おおしろ しんじゅん、1927年10月5日[1] - 2016年2月18日)は、日本政治家沖縄返還前の琉球政府では立法院議員として活動し、復帰後には衆議院議員(1期)、参議院議員(2期)を務めた。

略歴[編集]

1965年の琉球政府第7回立法院議員総選挙第26区当選。1968年の第8回立法院議員総選挙再選。

1979年10月7日の第35回衆議院議員総選挙沖縄県全県区に自由民主党から出馬し、初当選。四十日抗争では田中派として大平正芳に投票[2]。1980年の第36回衆議院議員総選挙で落選。

1980年の喜屋武眞榮の任期途中での沖縄県知事選出馬に伴う第12回参議院議員通常選挙沖縄選挙区の補欠選挙で自由民主党から出馬し、初当選。1983年の第2次中曽根内閣沖縄開発政務次官に就任。1984年の第2次中曽根内閣 (第1次改造)でも留任。1986年の第14回参議院議員通常選挙再選。1992年の第16回参議院議員通常選挙で3期目を目指したが沖縄社会大衆党島袋宗康に341票差で敗れ落選。1995年の第17回参議院議員通常選挙で返り咲きを狙うも前沖縄県議会議員で社会党公明党・沖縄社会大衆党推薦の照屋寛徳に敗れ落選。

1998年、那覇市政功労者[3]。2001年、稲嶺恵一知事から沖縄県功労者表彰を受ける[4]

2016年2月18日、老衰のため死去[5]。88歳没。叙正四位[6]

その他[編集]

  • 1992年の第16回参議院議員通常選挙の落選は琉球新報の1992年(平成4年)「沖縄県内十大ニュース」に選ばれている[7]

元秘書[編集]

  • 渡慶次 柴英 
  • 呉屋宏(沖縄県議会議員)

著書[編集]

  • 『ふるさとの心ー幾世かけて大城真順』(真世会、1985年11月)

脚注[編集]

[ヘルプ]


議会
先代:
名尾良孝
日本の旗 参議院内閣委員長
1988年 - 1989年
次代:
板垣正